職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

TOP PAGE > ブログ > 個人売買 > 2017年09月01日

エンジンオイル等も送れる宅急便(宅配業者)

 つい先日、カー用品ヤフオク転売などでよくある疑問として〜 宅急便発送で迷うものについて触れましたが、

 今回はその第二弾として、、

 オイル類。

 いわゆるエンジンオイルやミッションオイル(ギヤオイル)、ブレーキオイル(ブレーキフルード)、オートマオイル(ATF)やパワステオイル等ですが---

エンジンオイル

 これも宅急便で送ることが出来る? また取扱い可能な業者は?

オイル類

 オイル類はいわゆる ”石油製品”。 高いですが引火性も御座います。

 なのでこれも、場合によっては引き受け拒否されることもあるようで、、

 ちなみに当社では、こういったオイル類はいつも ”日本郵便” にお願いしております。 いわゆる ”ゆうパック” ですね。。(もちろん新品か開封済みの中古か問わず)

 ゆうパックでは、石油類は引火性のモノに該当しますが、しかし引火性のモノでも引火点が30度を超えるものについては引き受け可とされており、つまりここで言う石油類の大半は該当せず、問題なく取扱い可能であるということです。

 ※ ちなみに、エンジンオイル等は引火点がおおむね200度以上、低いものでもブレーキフルードの100度以上となっております。(但し、あくまで一般論。製品によっては当てはまらないものもあるかもしれません)
 なお当社では、特定の宅配業者との契約はありません。 いつも皆様と同じ個人発送扱いで送っております。 ゆえ皆様と私とで宅配業者の扱いが変わるということもないでしょう。
 その他よくある ”佐川急便” や ”クロネコヤマト” は?
 佐川急便はおそらく大丈夫だと思われます。 約款を見ても危険物や火薬類、毒物・劇物類に対しては言及しておりますが、引火性のあるものについてまでは触れておりません。 ただ実際に利用したことが無いのであくまで未確認情報ということで。。

 クロネコヤマトでは、引火性の有るモノは原則引き受けてくれません。 但し、引火点の高いものであれば引受可能なものもあるようで、、 とは言っても、この辺りの具体的線引きは約款にも掲載されておらず、ゆえおそらく店員や配送スタッフによって見解が分かれるかもしれません。(ヤマトさんではけっこうコレ系あります。問合せセンターへ聞けばダメでも、店へ持ちこめば、店員によってはOKしてくれるみたいな) なので確実性を求めるなら避けておかれた方がいいかと思われます。
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

業界20年超のクルマ屋さんのブログです。 街外れの小さなお店の経営者、兼・営業、兼・サービスマン。

関連

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved