職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

TOP PAGE > ブログ > カーナビ取付 > 投稿・更新日 2009年06月02日 (2013年12月更新)

2DINインダッシュ・カーナビ 取付方法講座その6(カーナビ本体取付編)

 6回に渡って掲載してきた 「カーナビ取付方法講座」。 いよいよ今回で仕上げ & 完結です!

 ちなみに、少々余談ではありますが・・・ 実は私。 以前まで、車屋さんという職業柄あってもカーナビの取付はけっこう苦手分野でした。 食べず嫌いならぬ 「やらず嫌い」とでも言いましょうか。 カーオーディオの取付経験はけっこうあったのですが (デドニングはもちろんの事、トランクルームにアンプなどをインストールするほどの作業までも。。。)、カーナビだけは何故か苦手意識が強く、あのゴチャゴチャの配線を見ると拒否反応 & 他の人へ作業を回す・・・ のが常でした ^^

 しかしやってみるものですね ^^ カーナビの取付作業を初めてやった時は、「あ、けっこう簡単なんだな・・・」という感じでした ^^ (ただカーオーディオとかの取り付け経験がある ”私視線” での感想ではありますが)

 配線の意味さえ分かれば (主に車速センサーとか電源系、その他GPSなど)、特に難しい作業はありません。 強いて言えば内装の取り外しが一番面倒なくらいです。

 なのでこれからカーナビの取付をどうしようかな・・・と、迷われている方!是非ともチャレンジを〜 ^o^)ノ  ショップ等に頼んでしまうと、2〜3万円が取付工賃の平均相場! しかし自分でやれば 「タダ」。 是非ともチャレンジを〜 ^o^)ノ

 あ、そろそろ本編に行きますね〜 ^^

1.配線類の整理

 前回までの配線作業で、純正オーディオ裏からは、多数の配線が出ていると思います。 先ずはその配線を、カーナビに取り付ける前提で長さを調整したり、車両側に取り付けるカプラーなども接続し、後は、カーナビへ取り付けられる段取りにしておきましょう ^^

ダッシュボード奥から出ているカーナビ配線その1
ダッシュボード奥から出ているカーナビ配線その2

 長さが余った配線はカーナビの後へ強引に隠すのではなく、出来ればダッシュボードの内側などで、束ねて調整するのが良いでしょう。

カーナビ配線をインシュロックで束ねてみました

 この時、束ねた配線が運転席の足元には絶対に垂れてこないように、バンド (結束バンド: インシュロックとかタイラップ、PPバンド等とも呼ばれるやつ)などでしっかりと縛って固定しておいて下さい。

 後はカーナビに取り付けるだけ! という段取りに、配線の調整が完了したら、次のステップへ進みましょう ^o^)ノ

2.取付金具を移す

 純正のカーオーディオの両サイドに付いていた固定用の金具を取り外し、この金具をカーナビへ移植する作業です。(なお純正のカーオーディオなどが無い場合には、ここでは予め準備しておいた取付けキット同梱の金具セットを使います。 またその際の取り付けに関しましては、同梱の取説 (無い場合もあり)などをご参照の上にての各ご対応を願います)

純正のオーディオ取付金具
↑この金具。

 ちなみに・・・ 純正オーディオの金具を留めているネジは、本気めちゃめちゃ固いです!!! 純正工具のドライバーや安物のドライバーだと・・・ 直ぐにナメて一発即アウトが定番。(ここでナメたらTY (ちょーヤバい)です。 ほとんどの場合 専用工具などでの大がかりな作業となるでしょう。。。 (←こうなるともう車屋さんとかカーショップ頼み他手段はないとも)

 なので、ここはネジの頭にしっかりガッチリと食い込む大きさのドライバーで、、、(大きすぎるものや小さすぎるものなど食い込みが甘いモノは絶対ダメ!!!

ネジにぴったりなドライバー例

 かつしっかりと力の入る頑丈なドライバーで、(私は、グリップホールドがかなり良く、しかもドライバー全体がわずかにしなり かなり強力なトルクを発生する ”VESSEL製 (ベゼル、ベッセル)” を超愛用中)

私愛用のドライバー

 体重をかけながらドライバーを回す!

 これがコツです。

 純正オーディオを横にし、床に置き (滑リ難いマットの上など推奨)、かつオーディオが回らないように足などで固定し、ドライバーの真上から上半身の全体重をかけるようにネジを押し、その体重が乗ったまま〜 (ただオーディオの側面のネジですから、あまりにも過度な荷重は禁物)

 グッ

 と瞬時に力を込め、反時計回りに一気に回す! 「パキッ」という音とともにネジが緩んだら後は大丈夫です。(ここは間違っても絶対に時計回りには回さないように要注意)

 なお、取り外す金具は、出来れば片方ずつ取り外し、片方ずつカーナビへ取り付けていきます。(いきなり全部外してしまうと、金具の向きや左右が分からなくなる事多し! (←これやっちゃうと、車種によってはかなり後々面倒な場合も。。。))

カーナビに取り付けられた純正金具

 ところで〜 カーナビの両側には無数に穴が開いていて、何処へネジや金具を取り付けていいのか・・・ わからなくなる事もありますが、

金具の取付位置確認方法

 ここは片方ずつ金具を外すし、純正デッキ(オーディオ)とカーナビを並べて左右対称に金具のバランスを調整し、ネジ位置の合う所で金具を固定するのが一般的です。 またこれが王道かと。

 ちなみに、それと〜 カーナビのネジ穴の位置は、何処の自動車メーカーの金具も取り付けられるように設計されていますので、きちんと3本、又は4本のネジが留まる位置で金具を固定しましょう ^^ (あ、この時、前回までで触れた 「アース」の配線も忘れないようにしましょうね ^^ (但し、金具からマイナス電源が取れる車種のみ) それと〜 このカーナビへ金具を固定する場合のネジは、先ほどネジを緩めた時みたいに体重をかけて力いっぱい締める必要はありませんので、ここは手先だけで軽くグッグと増し締めする程度に留めておきましょう

アースを配線ねじ止めした図

3.カーナビを取り付ける

 作業もいよいよ大詰め! やっとカーナビの取付ですよ〜 ^^

 先ずは! カーナビ裏の配線時に、カーナビや金具が当たって内装に傷が付かないように、養生は絶対にやっておきましょう!!!

カーナビ取付け時の養生

 ↑ こんな感じで、ダンボールやウエスなどを使い、カーナビ本体で内装や内貼り各所を傷を付けないように養生しましょう ^^ (配線中にカーナビを持っておくのにはけっこう力が要ったり、またカーナビも色々と動かしたりするので、意外と周りの内装に本体が当たったり擦れたりします)

 養生が出来たら、カーナビ本体を持ち、カーオーディオ穴の付近で裏側の配線やカプラーを差し込んでいきます。

配線接続中のカーナビ本体裏

 ここでの配線は、そんなに難しくないはずです。 基本的に、カプラーが入る穴と色は決まっていますので、配線を間違う事もないでしょう。(ただアンテナなど、一部同一の形をしたカプラーはありますので、取付説明書は必ず読んで作業しましょうね〜 ^^)

アンテナ線の図

 で、ここでよく忘れられがちな配線が ”アンテナ” (上記画像中央の配線がアンテナです)

 純正カーオーディオにも接続されていた配線で、先が丸くなったちょっと特殊な形をしたオス型端子ですが (画像撮り忘れちゃいました・・・)、このアンテナ線、本当によく忘れます。 配線の奥に入ってしまっていて、分からなくなっている事もしばしば。。。 忘れないように、必ず配線しておきましょうね〜 ^^

 ここまで来たら完成したも同然。

 後はカーナビ裏が配線で 「もっこり」ならないように、配線を 後部の穴や隙間の上下左右に上手く隠しながらカーナビ本体を入れて行きましょう。

カーナビ本体がダッシュボードへ収まった図

 はい! カーナビ本体が入りました!

 ちなみにこの段階で、一度、必ず〜 カーナビの電源が入るかどうかをテストしておいてみましょう。 内装やパネルなどをキレイに組み直したフィニッシュ後、いざカーナビの電源が入らない・・・ と、なると、またパネルや内装等を外す事になってしまいますので。。。 (T△T)

 外していたバッテリーのマイナス端子をバッテリーへ付け戻して、きちんと固定します。(一応ここの段階では、バッテリーは元通りにきっちり接続固定しても問題ありません)

 但し! この時〜 何処かしらの ”ドア”は 必ず開けた状態でバッテリーの取付を行って下さいね〜 ^^ (何故なら! バッテリーを接続した瞬間の通電時、いきなりドアロックが作動してしまう車種も稀にありますので (つまりロックが掛かる。 施錠される)、、、 もしここでドアを閉じたままロックがかかってしまうと、最悪 「インロック」状態に。。。)

 バッテリーを接続し終えたら、エンジンキーを回し、カーナビの電源をONにします。 電源が入り、音声を出すくらいのチェックでOKです。 動作に問題がなければ・・・

カーナビ取付け完成!の図

 パネルや内装をキレイに組み戻し、カーナビの取付終了〜 完了〜 \(^o^)ノ  です。

 お疲れ様でした ^^

 なお〜 もしここでカーナビの電源が入らなくてカーナビを再度取り出す場合には・・・ 再度また、必ずバッテリーのマイナス端子を外す作業を忘れないように!

 ところで・・・ 一応追記しておこうかと思いますが、その車種などによっては、一度バッテリーを取り外した後再接続する事により一部電装品の機能がリセットされてしまう事もありますので (例えば、トヨタ系のパワーウインドウのオート機能なんかは有名かも ^^)、それらに関しましては、各自セットし直すなどしてご対応下さい。 (なお、実際リセットされるモノ、及びそれらリセットされた機能の再セット等に関しましては、各自動車メーカーへ直接お問合せ願います)
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

業界20年超のクルマ屋さんのブログです。 街外れの小さなお店の経営者、兼・営業、兼・サービスマン。

取付け手順 INDEX
関連

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved