職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

TOP PAGE > ブログ > 下取り対策 >

事故車は絶対に下取りしてもらってはいけない

 長いカーライフのなか〜 出来れば遭遇したくない事故。

 相手がいれば相手への賠償はもちろんのこと、自身の愛車が大ダメージを受ける損害も大きいですし。。(修理費用だけでなく、事故歴だって付いて価値も下がっちゃいますし)

 しかしそうとは言っても、もし! もしですよ〜 そんな思いとは裏腹に事故を起こしてしまったとき、起こってしまった事は仕方ないですが、それでも最後の最後で予期せぬ追い打ち大ダメージを受けないために〜 知っておいて頂きたい事。

 それは、その事故車をディーラー等のクルマ屋さんへ下取りとして引取ってもらわないこと!(ちなみに今回、当ページでは 事故したまんまの事故現状車を前提に触れさせて頂いておりますが、ちなみに既に修理済みの事故歴車についての重要な注意事項については ⇒ 別途こちらにて

事故車

ディーラー等では、事故車は基本ゼロ査定

 これまで事故を起こし、ディーラーなどで次の愛車を購入すると同時に 事故車を下取りしてもらった方ならよくご存知かと思いますが、

 ディーラーや車屋さんのほとんどでは、どんな車種、どんな事故車でも 下取り査定は基本ゼロです。

 私もこの業界20年以上になりますが、事故車にきちんとした査定を付け、有価にて下取りした例なんてこれまで一度たりとも聞いたことありません。

 廃車扱いとし、税金などの一部戻りなどは除き、、 純粋にその事故車に対して付与する価値(査定価額)のこと。

しかし裏では、事故車と言えども有価なものもある

 しかし、そんなゼロ査定で引取られた事故車が〜 実はそこそこ有価なものだとしたら?

 ここからが本題です

 実はそうやってゼロ査定、つまりタダ同然で引取られる事故車のかなりの数が〜 裏(そういった専門的市場な業者間取引き) では有価にて取引きされている事が多く、(つまり価値がつき転売されている等している)

 中には数十万どころか、7桁ほどの価値で取引きされているものもあり、、

 ゼロ査定で引取った車が数十万、いえそれ以上の額で転売されているんですよ?

 ディーラーはどんだけ濡れ手に粟で儲かっていることか。。

 なお、これだけの額が付くクルマとなると〜 車種や年式、走行距離など、、 元となるクルマがある程度限定されるかもしれませんが、しかしそれでも、いずれのクルマにもそういった可能性がありますことは予め。 またそこまでの価値が付かなくとも、数万円程度ならけっこうな数が該当しようかと思われ、大なり小なりいずれにしましても〜 このウラの事実は。。。

でもなんで、そんなに価値あるのにゼロ査定?

 もう昔からの業界の風潮としか言いようがありません。

 良く言えば ”車屋さんは事故車の買取り専門店でないから”。

 また事故車 = 価値ナシ という先入観を持つお客様も非常に多く〜

 しかも事故車は特権的な下取りとなることも多く、、、

 特権的な下取り? ///
 愛車を事故してしまった場合、ほとんどの場合、、 お世話になっているディーラー、レッカーされていった先のクルマ屋さん、もしくは次の愛車購入を検討している車屋さんで引取られることが多く、つまり一旦引取ってもらったなら〜 そこで処分か買い替えかの選択をしなくてはならないと考えてしまう方が多く、(実際、そこで処分か買い替えをしない場合には 強制的に保管料を徴収するなどと、ズル賢い選択を迫る業者もいらっしゃいますし)

 まあ心理的に下取りになりやすい 特別な誘因力とでも言いましょうか。。(特別何にもしなくとも手に入る有益な権利。 棚からぼた餅)

 またそんな選択肢がないということは〜 少々お客様が不利な条件でも取引きが成立しやすく、そういった意味合いも。。

 さらにこれは決定打!

 事故車ゆえ、査定相場が一般の方には全く分からないから!!

 通常、事故していない状態なら〜 実際査定してもらわなくとも、、 その愛車の価値をユーザー自身にてなんとなく知っておくことは出来るでしょう。(中古車雑誌を見て売値から想像するとか)

 しかしボンネットがめくれバンパーが落ち〜 時にはタイヤが変な方向を向いていたり、、 場合によってはリア周りが見るも無残なことも。。 こんなケースバイケースの事故車に対し、ユーザーが査定相場を予測するなんてほぼ不可能。

 まあ言うなれば事故車は ”ディーラーの言い値” とも言え、(言い値 = あれこれ理由つけて適当でも言えばそれが価値となる。 ディーラーの都合のいい条件が出せる。 一方的。 言ったもん勝ち)

 まあこんなに好条件な環境が揃っているわけですから、、 わざわざ査定を付けるなんて そんな慈善事業的なクルマ屋さんは皆無とも。

近年はフェイク査定にもご注意を

 なお、ディーラーなどの事故車下取りは まだまだ大半がゼロ査定ですが、

 しかし最近では ”フェイク” を駆使するクルマ屋さんもちらほら見かけるようです。

 数万円程度査定を付ける。(少額のブラフを打つ)

 これだけゼロ査定が習慣となっているクルマ屋さんが わざわざ査定を付けるんです!

 ちなみにもし、こういったディーラー等のクルマ屋さんで、事故車なのに下取り査定がいくらか付いているときには、、

 車屋さんの本音(ウラ)も予測しましょう。

 おそらくそのクルマには フェイクがカワイイと思えるほどの十分な価値があり、場合によってはかなりの価値が望めるため〜

 なんとかその下取りを引き留めておきたいから そうしているのかもしれません。

 ここ近年、ネット上から 私のような有益な情報を得ているユーザーも多くいらっしゃろうかと思われ、そういった知識のある方だと下取りを取り逃がしてしまう恐れもあるので。。

 また事故車はゼロ〜 という先入観のあるお客様でも、あえて価値を付けることによって衝撃的な優良業者を振る舞う事ができ、まあそういった背景からのケースも。。。(ちなみにこのケースでも、そもそも価値がないとわざわざそんな事はしないはずですから、いずれにしても裏はあると思っていた方がいいでしょう)

 フェイクにも足元をすくわれないように。

じゃあ、そういった下取りはどう対策すればいいの?

 そういった事故車下取りの転売先としている業者、(車屋さんが下取りしたあと、転売し利益を得ている先の専門業者)

 もしくはそういった関連業者へ先回りすればいいだけの事です。(そういった事故車の取扱いを専門とするお店など)

 そういった専門業者は(事故車買取り店等) そういったクルマを買い取る事を商売としていますから〜 また同業市場で他店としのぎを削りながら商売もしておりますので〜

 少なくとも 下取りのように足元を見られる結果と言う事はないでしょう。(いわゆる、その市場での適正相場で査定してくれるでしょう)

 場合によっては 大企業のボーナス並みの額が救われる可能性も。。

 え? そんな専門的な業者、個人ユーザーでもOKなの??

 全然OKです!

 相手はそういったクルマを買取りするなどする専門業者ですから、買取りの間口は広ければ広いほど歓迎されるもの。 近年ではネットという市場もありますので、、今時業者オンリー なんてこの業界で閉鎖的なことをやっていたら、それこそ淘汰組に入ってしまいかねませんから。。

 但し、これら対策はあくまで可能性を引き出すものであって〜 車種や年式、お客様の居住地、事故損傷具合によっては必ずしも価値が付くとは限りません。 場合によっては引取りに費用が掛かる場合も考えられ〜 下取りと変わらないか、もしくは下取りより悪条件になる可能性も一応御座いますことは予め。

 でもでも、既に事故車はクルマ屋さんにあるんですけど。。

 事故車買取り単体ならまだしも〜 次の愛車をそこで購入する予定であれば、、 営業マンに相談すれば 思いのほかすんなり他業者への引き渡しも了解してくれる場合が多いでしょう。(場合によっては現地査定も)

 目の前に一台の成約がぶら下がっているわけですから、営業マン的には むげに断ることはなかなか出来ないはず。。(ディーラー等クルマ屋さんは、自動車を販売してなんぼの世界。 ここで下手にお客様の不信感を招いたり 強引に事をすすめて不満を抱かせてしまうやり方はふつうやらないでしょう。 表の顔だけでもお客様の要望には出来るだけこたえられる姿勢、、 これがふつうの営業マンでは?)

 というわけで事故車下取りには細心のご注意を。

車屋さんの、自動車情報ネタブログ

業界20年超のクルマ屋さんのブログです。 街外れの小さなお店の経営者、兼・営業、兼・サービスマン。

関連

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved