職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

TOP PAGE > ブログ > 名義変更、車庫証明 >

ローン中の自動車の事故。廃車に出来るの?(一般廃車も参考可)

 一応、ローン返済中の事故車の廃車方法につきましては、そもそも色々とは御座いますが・・・ 【参考までに ⇒ ローンが残っていても、わざわざ廃車にしなくとも売れる可能性も。 またその他色々と (事故車査定・事故車買取 情報ガイドより)

 今回は ”特例” 前提の、つまり返済中のローンはそのままで (ローンの組み替えとか現金にての一括清算とかは無しで)、事故車のみを何とか処分出来ないものか? といった内容で。

廃車処分出来る?

 修理費用がかなり必要で、もしくは修復不可能な状態であり、さらに今までのローンの支払いに問題がなければ〜 基本的には、ほとんどの場合において廃車は可能でしょう (可能かと思われます)。(支払いに問題がない = 購入後から、一切滞りなくローンが正常に支払われ続けている事が最低限の条件)

 但し! その廃車 (事故廃車)するにあたっての全ての判断・権限は、その支払い先のローン会社 (契約中の信販会社)にあるので、もし万が一 ローン会社にそれら廃車を認可されなければ、どのような状況下においても廃車にする事は出来ません。 またこれら予めご留意のほどを。

 例えば〜 いくら事故車と言っても、簡易・軽度な修復で乗れると判断された場合や、またそれら修復にさほど大きな費用がかからない、もしくは直すだけの価値がまだまだ十分にある等と判断された場合など。 またもちろん返済中のローンの個別環境・状況などによっても、許可するべきではないと判断された場合なども。

銀行借入パターン

 なお、一応念のためここにても申しておこうかと思いますが、自動車ローン・オートローン・マイカーローンなど、例え同じようなローンだとしても、そもそも銀行借入などの融資系で、かつ所有権留保契約のないローンの返済中の場合に限りましては、これらローン会社等からの許可は必要なく、もちろんその車両所有者の一切の権限にて 即廃車する事が可能ですので、これら予め。(所有権留保契約 = その当該車両の自動車検査証(車検証)をチェックされてみて、所有者の欄が信販会社やクルマ屋さんなどの名義になっているローン契約の事)

 ただ、一応はこのような形態だとしても、その廃車前には、予めその借入先・ローン会社などに一言ご相談を。 ひょっとしたら〜 その車両が担保契約になっているなどで、また許可なき廃車が ”契約違反” となろう可能性も御座いますので。。

 ちなみに〜 その実際の廃車までのお手続きの流れ、実務などにつきましては、先ほどの事故車情報サイトからでは御座いますが、こちら 【⇒ 自動車ローンが残っている廃車手続き方法】ページを追ってご参照頂ければ幸いに存じます m(_ _)m

 以上、各色々とご参考までに。


Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved