職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

TOP PAGE > ブログ > 日常メンテナンス > 2008年12月10日

自動車用カーバッテリーサイズの見方(バッテリーの性能を上げる方法なども)

 年末に向け、この寒い時期に インターネットでバッテリーを買おうかな〜 ・・・という方のために、簡単なバッテリーの見方について説明しておきますね〜 ^^ (尚、当サイトでは 部品知識集として⇒ バッテリーの知識のコンテンツを公開しておりますが、今回この記事は、その当該コンテンツの補足的記事として公開しておきますので、これら予め。。。

バッテリーの見方

 先ず、バッテリーを真上から見てください。

バッテリーの記号番号

 このような英数字の記号が必ず刻印されているはずです。

 これがいわゆる「バッテリー規格」と呼ばれるものです(JIS規格)。

 この記号の正しい読み方が分かれば、インターネットで問題なくバッテリーを購入できるはずです ^^

 この記号は4種類に区分する事が出来ます。

 上記画像は「28B17R」となっていますが、「28」 「」 「17」 「」 の4種類に区分され、、

 「28」はバッテリー容量。総合的な性能を表します。

 「」はバッテリーサイズの規格。 サイズには「A」「B」「D」があります。

 「17」はバッテリーの長さ(横幅)。

 「」は端子の向き。

 ・・・で、バッテリーを選ぶ時に必要な情報は、「」、「17」、「」の部分の3種類。

 この3つの英数字です。

 「17」の部分は、取り付け場所の横幅や受け皿に余裕があれば、多少サイズ違っていても入る可能性はあります。(ただ最近の車は 意外とピッタリサイズなので、基本的にはここの数値は変えない事

 但し、「」、「」の部分は絶対に間違えてはいけません。 これを間違えて購入してしまうと バッテリーが装着出来ません。 要注意です ^^ (つまりここは、全く同じ記号を持つバッテリーを選ばないといけない。 という事

 ちなみに・・・ 「28」の部分は、バッテリー内部の性能を現す数値なので、他の3つのポイントの英数字が合っていれば、ここの数値は違っていても問題ありません。 また、この性能を表す数値は、大きいほど「高性能」なバッテリーとも言えますので、、、 後から車にカーナビやTVを取り付けたり、電装品を頻繁に使う人、寒冷地によく遊びに行く人などは(スキー等)、標準的な数値よりもやや大きめの数値の物を選べばバッテリー容量に余裕を持てる事になります。

 例) バッテリーの大きさや規格を変えずに、バッテリーの容量・性能を上げる方法

 「28B17R」 ⇒ 「34B17R」

 「38B19R」 ⇒ 「44B19R」

 こんな感じです ^^

 なお上記のバッテリーについての規格知識は、国産車のみが対象となりますので これら予めご留意のほど願います m(_ _)m (外車と日本車のバッテリー規格は違いますので、外車には上記のバッテリー規格は適用されません)

交換作業について

  バッテリーの交換作業は、、、レンチなどでプラスとマイナス端子が接触しないように、手順は、マイナスから先に外してプラスを外す手順です。(取り付けはプラスを先に取付けてマイナスを付ける順)

 この辺り補足程度までに。 また以上参考などまでに。


Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved