自動車購入〜中古車売買などの購入支援、維持費やメンテナンスなどのカーライフ自動車情報&知識
 TOP > 自動車の税金 > ガソリン税


【 ガソリン税 】


   2008年3月の暫定税率復活問題で、
   ガソリンや軽油にかかっている税金のボリュームに驚かされた方も多いのではないでしょうか・・・。

   2011年3月現在におけるガソリン税の額は〜
   「53.8円」。
   (※ 軽油は32.1円)

   けっこうボリュームがありますよね〜 (;^-^A



   「揮発油税

   いわゆる 「ガソリン税」と呼ばれている一部の税金。
   2011年3月現在、ガソリン1リットルあたりのガソリン税は53.8円だが、内 48.6円が 「揮発油税」。

   ちなみに、この48.6円の揮発油税の内・・・、
   半分の24.3円が本則の税金で、残る半分の24.3円が暫定税率による増税分。

   いったい暫定税率はいつまで 「暫定」なのか・・・



   「地方揮発油税

   ガソリン税から揮発油税を差し引いた、残りの一味が 「地方揮発油税」。
   53.8円 − 48.6円 = 5.2円が地方揮発油税。
   (※ 2009年3月までは、地方道路税という名称でした)

   しかし! ここでも! 暫定税率の影が・・・。

   残る5.2円のうち、0.8円分が暫定税率による増税分だったりします ^^
   (ガソリン1リットルあたり)

   ちなみに・・・
   一般的に 「ガソリン税」と呼ばれているものは、「揮発油税」+「地方揮発油税」の事。
   しかも、ガソリン税には消費税もかかる不思議な税金(いわゆる二重課税)。



   「石油石炭税

   ガソリンの税金とはちょっと違いますが、原油や輸入される石油製品等に課税される税金。
   ガソリンも石油製品なので、当然、石油石炭税が課税されている事になります。

   2011年3月現在では、
   ガソリン1リッターあたり約2円の石油石炭税が課税されている計算になります。



   「軽油引取税

   文字通り 「軽油」燃料に課税される税金。
   軽油にはガソリン税が適用されないかわりに、「軽油引取税」が課税されています。

   ちなみに、
   2011年3月現在、軽油1リットルあたり32.1円の軽油引取税が課税されており、
   内、17.1円が暫定税率による増税分。
   (※ 軽油引取税は二重課税になっていません)

  



<<< 自動車の税金

TOP へ戻る
Back to the TOP

        

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved