職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ポータルサイト

TOP PAGE > 車検代ナビ > 三菱 >

ekワゴン、ekスペースの車検代・車検費用

 三菱の軽トールワゴン ”ek” シリーズ。 ekワゴン ekカスタム ekスペースなど〜 車検代を予想、概算してみました。

ekスペース
イメージ(ekスペース)

新車から3年後 (走行距離3万キロ)に予想される費用

 自動車重量税 

5,000円
 自賠責保険 (平成25年4月改訂。 24か月加入) 26,370円
 法定点検費用 (平均) 20,000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等)  15,000円
 予想車検費用 82,470円

※   枠内は法定費用。 その他は工場工賃や車両個々の状態によって変動する費用。
※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出。 また基本、メーカーディーラー車検を想定しての費用等としております。

 自動車重量税
 エコカー減税対象車(本則課税)の場合の税額です。(エコカー減税対象車って何?

 ※ ちなみに車両によっては、上記額よりもまだ減免(本則課税よりもまだ50%OFF、もしくは全額免除)されるものもあり。 (但し、初回車検のみに限定。 また対象となる車両については、車両個々の環境性能等によって細かく選別されておりますので、ここらあたりより詳しく必要な方は 各自個別にご確認等願います)

 ※ 減税対象外の車は一律6,600円。

 
 初回車検時の減免制度につきましては、(本則課税よりもまだ50%OFF、もしくは全額免除) あくまで新車購入時の適用減税概要が基準になります。 つまり新車購入時に免税 → それからその後の初車検で減免措置が確約されていた車両は〜 途中2016年に三菱の燃費不正問題発生で減税対象車が随分と変動してはいてもその影響は受けず、既に確約されていた減免は変わらず受けられますので、ここら辺り一応補足としてまでに。 (※ 不正問題以後、再販となったekシリーズから初回車検時減免対象車がなくなりましたが、(新車時免税) しかしそれまで以前に新車を購入しており、その時の話では初回車検の減免も受けられることとなっている場合には、、 その減免までは消滅することはなく、当初の適用基準に従って引き続き減免措置は受けられますので、、 ということ)

 交換が必要となりそうな部品等
 冷却水、ワイパーブレード、ブレーキフルード(ブレーキオイル)、エンジンオイル、オイルエレメント・・・

 
 新車から3年後の初車検や、走行距離が3万キロ未満の自動車では、ベルトやバッテリーといった消耗品の交換は稀。 また軽自動車という事で車重は極めて軽量なため、ブレーキパットやタイヤの交換の必要性もほぼ無いと言えるでしょう。

新車から5年後 (走行距離5万キロ)に予想される費用

 自動車重量税 

5,000円
 自賠責保険 (平成25年4月改訂。 24か月加入) 26,370円
 法定点検費用 (平均) 20,000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等)  50,000円
 予想車検費用 117,470円

※   枠内は法定費用。 その他は工場工賃や車両個々の状態によって変動する費用。
※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出。 また基本、メーカーディーラー車検を想定しての費用等としております。

 自動車重量税
 エコカー減税対象車の場合の税額です。(エコカー減税対象車って何?

 ※ 減税対象外の車は一律6,600円。

 
 平成25年2月より以前、”H82W型” から以前のekシリーズには、エコカー減税対象車は存在しておりません。 参考までに。(H29/2現在)

 交換が必要となりそうな部品等
 冷却水、ワイパーブレード、ブレーキフルード(ブレーキオイル)、ベルト類、エンジンオイル、オイルエレメント、シャフトブーツ、バッテリー、エアクリーナー・・・

 ※ 使用環境によって必要となりそうなもの ⇒ タイヤ、ブレーキパット

 ※ なおこれら修繕費は、前回車検にて交換したもの、またそれ以降の使用環境によっても左右されます。(もちろんこれまでの車歴などでも影響するでしょう)

 
 新車から5年、又は走行距離が5万キロ前後の車両では、ベルト類などの消耗品の交換が必要になってくる場合がほとんどでしょう。 ブレーキパット等は、意外と持ちが良い傾向ではありますが、シャフトブーツはそろそろ変え時かもしれません。

 タイヤ交換も視野に入れられるのであれば、純正サイズ 4本で・・・ 13インチ +2万円前後、14インチ +3〜4万円くらいが平均的な値段となるでしょう。
(※ 参考 ⇒ 「タイヤサイズの見方」)
(※ 交換に必要な工賃、その他 廃タイヤ費用等は含まず)
(※ 上記表の修繕費には、タイヤの交換費用は含めておりません)

82系 ekワゴン
イメージ(H82W型 ekワゴン)

新車から7年以上 (走行距離7万キロ超)に予想される費用

 自動車重量税 

5,000円
 自賠責保険 (平成25年4月改訂。 24か月加入) 26,370円
 法定点検費用 (平均) 20,000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等)  30,000円
 予想車検費用 96,370円

※   枠内は法定費用。 その他は工場工賃や車両個々の状態によって変動する費用。
※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出。 また基本、メーカーディーラー車検を想定しての費用等としております。

 自動車重量税
 エコカー減税対象車の場合の税額です。(エコカー減税対象車って何?

 ※ 減税対象外の車は一律6,600円。

 
 平成25年2月より以前、”H82W型” から以前のekシリーズには、エコカー減税対象車は存在しておりません。 参考までに。(H29/2現在)

 
 エコカー減税対象車でない場合--- さらに車齢が13年を経過するものに関しましては、税額が変動します。(まあ簡単に言えば増税) 13年経過 ⇒ 8,200円。 18年経過 ⇒ 8,800円。 こんな感じにお考えください。

 ※ なおこの制度は、エコカー減税対象車には適用されません。 また経過年数の算式は税法で別途細かい規定があり、車検証から単純に○○年経っているからといって必ずしも = ここで言う○○年経過 とは限りませんので、一応ここら辺りも補足としてまでに。

 修繕費について
 なおこれら修繕費は、前回車検にて交換したもの、またそれ以降の使用環境によっても左右されます。(もちろんこれまでの車歴などでも影響するでしょう)

 
 走行距離も10万キロに近いという事で、お心当たりあるクルマはそろそろタイミングベルトの交換の準備も。。(上記表へは当該費用などは考慮しておりません)

 ちなみにH29/2現在、平成25年春以降のekシリーズからより全車タイミングチェーンとなっており、該当する車両はここでいうベルト交換の必要はありませんので、一応この辺り参考事項としてまでに。(ということは、それよりも以前のH82W型以前のekシリーズは 当該タイミングベルト交換の必要があるということ。 なのでもしここらお心当たりあれば- そろそろご準備などのほどを。 と)

 ※ なお費用面は、まあおおよそ3万円から〜 かな。 後はお店の工賃レートや同時交換部品の範囲などで多少上下はするでしょうけど。(4WDやターボ車はやや割高になる可能性あり)

関連/ 車屋さんの口がうっかりすべった! 車検ウラ話ネタあれこれ

 これを見たからには〜 このネタもぜひついでに見ておいて絶対損は無し! ひょっとしたら結果得することだって、、

 というわけでもしお時間があれば、、 ご興味あれば、、 車屋さんの私が書き下ろした、ついでに 車検ウラ話的な人気ブログ記事(まとめ)も補足的にどうぞ。

 以上、ekシリーズの車検費用についてのアレコレまでに。

車検代ナビ

来たる車検の参考に。費用をデータベース化してみました

一度は読んでおきたい人気・注目・熱い記事
その他


 各データは、私が独自に予測集計した平均的かつ概算的な数値です。 実際に車検に必要な費用は、走行距離や使用・道路環境・税制など車両の周辺環境によって個々全く異なりますので、(主に修繕費用) 当サイトデータはあくまで参考程度までにご利用頂けますようお願い申し上げます。

 それと車検費用の各名称は、車検店や整備工場などによって異なる事も多いです。 またお店や車検コースによっては一部無料費用があったり〜 費用が大きく異なっていたり〜 逆に当サイトデータにはない費用が存在することも多々御座います。(主に) そこら辺りにも十分予め。


Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved