自動車購入〜中古車売買などの購入支援、維持費やメンテナンスなどのカーライフ自動車情報&知識
業界20年。 車屋さんの自動車情報ポータルサイト。
 TOP > 車検 > 車検代ナビ > 三菱車 > ekワゴン、ekスポーツ


【 ekワゴン、ekスポーツの車検代・車検費用 】
ekスポーツ   ekワゴン

 トールワゴンでも立体駐車場OK! の元祖。 三菱のセミトールワゴンの軽 「ekワゴン、ekスポーツ」。 ekワゴン、ekスポーツの車検代を予想、概算してみました。
(⇒ 平成25年6月よりの新型では 基本立体駐車場は困難になった様子)
※ 平成26年4月1日現在における情報をもとに編集しております
(※ 画像はイメージです。 概算の直接的モデル、及びグレードとは異なります)

(※ 尚、以下の車検代概算内 「自動車重量税の額 (平均的なモデル基準)」は平成25年4月時点での概算であり、その後 (それ以降は)、エコカー減税対象車が増えるなどで・・・ 算出基準とする平均的モデル環境が変わり、以下参考・自動車重量税の適用・基準範囲が大幅に変わる可能性も御座いますので、適所視点を変えてのご参考を願います)

  新車から 3年後 (走行距離 3万キロ)に予想される車検費用・車検代

 自動車重量税 ※参考 6,600円
 自賠責保険 (平成 25年 4月改訂) 26,370円
 法定点検費用 (平均) 10.000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等) 15.000円
 予想車検費用 74,070円

(※ 法の特別措置などによる、減免・減税措置には対応しておりません)
※ 尚、自動車重量税の額は、平均的モデルにおける暫定値であり、その車両の型式やその他年式・仕様・グレード・装着オプション等によっては、上記表の額よりも安くなったり〜 高くなったりする場合もありますので、あくまで参考までに。
⇒ 自動車重量税を詳しく調べる
正確な重量税の額を調べるには、必ず車検証記載の情報をもとに!
(上記表モデル = エコカー減税対象車だった場合 【⇒ 対象車って何?】))

※参考 ・・・ 平成26年6月頃(以前)までのekワゴンでは〜
ほんの一部の5速MT車 (2代目・H82W系 2WDのみ?)を除き、その他全車両がエコカー減税
対象車と思われます。
(↑ もっと細かく正確な詳細、その他 それ以降に生産されるモデルにおいては、各自適所ご確認を 【⇒ 自動車重量税について】) (※ 上記概要は あくまで私の個人的、かつ広範囲な簡易的所見であって、確実性のある詳細情報等では御座いません)

(※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出)
(※ 自賠責保険は 24ヶ月で算出)
(※ 青枠内の金額は法定費用(絶対に必要となる最低限の費用)です)

【交換が必要となりそうな消耗品等】
冷却水、ワイパーブレード、ブレーキフルード(ブレーキオイル)
エンジンオイル、オイルエレメント・・・
【別途、予備群として考えておきたい消耗品】
-


新車から 3年後の初車検や、走行距離が3万キロ未満の自動車では、ベルトやバッテリーといった消耗品の交換は稀。 また、軽自動車という事で、車重は極めて軽量なため、ブレーキパットやタイヤの交換の必要性もほぼ無いと言えるでしょう。

  新車から 5年後 (走行距離 5万キロ)に予想される車検費用・車検代

 自動車重量税 ※参考 6,600円
 自賠責保険 (平成 25年 4月改訂) 26,370円
 法定点検費用 (平均) 10.000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等) 50.000円
 予想車検費用 109,070円

(※ 法の特別措置などによる、減免・減税措置には対応しておりません)
※ 尚、自動車重量税の額は、平均的モデルにおける暫定値であり、その車両の型式やその他年式・仕様・グレード・装着オプション等によっては、上記表の額よりも安くなったり〜 高くなったりする場合もありますので、あくまで参考までに。
⇒ 自動車重量税を詳しく調べる
正確な重量税の額を調べるには、必ず車検証記載の情報をもとに!
(上記表モデル = エコカー減税対象車だった場合 【⇒ 対象車って何?】))

※参考 ・・・ 平成26年6月頃(以前)までのekワゴンでは〜
ほんの一部の5速MT車 (2代目・H82W系 2WDのみ?)を除き、その他全車両がエコカー減税
対象車と思われます。
(↑ もっと細かく正確な詳細、その他 それ以降に生産されるモデルにおいては、各自適所ご確認を 【⇒ 自動車重量税について】) (※ 上記概要は あくまで私の個人的、かつ広範囲な簡易的所見であって、確実性のある詳細情報等では御座いません)

(※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出)
(※ 自賠責保険は 24ヶ月で算出)
(※ 青枠内の金額は法定費用(絶対に必要となる最低限の費用)です)

【交換が必要となりそうな消耗品等】
冷却水、ワイパーブレード、ブレーキフルード(ブレーキオイル)
ベルト類、エンジンオイル、オイルエレメント、シャフトブーツ
バッテリー、エアクリーナー・・・
【別途、予備群として考えておきたい消耗品】
タイヤ、ブレーキパット


新車から 5年、又は走行距離が 5万キロ前後の車両では、ベルト類などの消耗品の交換が必要になってくる場合がほとんどでしょう。 ブレーキパット等は、意外と持ちが良い傾向ではありますが、シャフトブーツはそろそろ変え時かもしれません。

タイヤ交換も視野に入れられるのであれば、
純正サイズ 4本で・・・ 13インチ +2万円前後、14インチ +3〜4万円くらいが平均的な値段となるでしょう。
(※ 参考 ⇒ 「タイヤサイズの見方」)
(※ 交換に必要な工賃、その他 廃タイヤ費用等は含まず)
(※ 上記表の修繕費には、タイヤの交換費用は含めておりません)

  新車から 7年以上 (走行距離 7万キロ超)に予想される車検費用・車検代

 自動車重量税 ※参考 6,600円
 自賠責保険 (平成 25年 4月改訂) 26,370円
 法定点検費用 (平均) 10.000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等) 30.000円
 予想車検費用 89,070円

(※ 法の特別措置などによる、減免・減税措置には対応しておりません)
※ 尚、自動車重量税の額は、平均的モデルにおける暫定値であり、その車両の型式やその他年式・仕様・グレード・装着オプション等によっては、上記表の額よりも安くなったり〜 高くなったりする場合もありますので、あくまで参考までに。
⇒ 自動車重量税を詳しく調べる
正確な重量税の額を調べるには、必ず車検証記載の情報をもとに!
(上記表モデル = エコカー減税対象車だった場合 【⇒ 対象車って何?】))
(↑ 新車登録から13年経過のクルマは、その経過年数に応じて自動車重量税の税額UP (エコカー減税対象車のみ))

※参考 ・・・ 平成26年6月頃(以前)までのekワゴンでは〜
ほんの一部の5速MT車 (2代目・H82W系 2WDのみ?)を除き、その他全車両がエコカー減税
対象車と思われます。
(↑ もっと細かく正確な詳細、その他 それ以降に生産されるモデルにおいては、各自適所ご確認を 【⇒ 自動車重量税について】) (※ 上記概要は あくまで私の個人的、かつ広範囲な簡易的所見であって、確実性のある詳細情報等では御座いません)

(※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出)
(※ 自賠責保険は 24ヶ月で算出)
(※ 青枠内の金額は法定費用(絶対に必要となる最低限の費用)です)


新車から7年経過、走行距離も7万キロ前後となる 3度目の車検となると、前回の車検でどのくらいの修繕費が掛かったのかで、修繕費は大きく変わるでしょう。 上記の見積りは、前回の車検である程度の修繕を行ったものとして算出しておりますが、前回の車検でほとんど部品交換を行わなかった場合には、今回の予想車検費用に2〜3万円ほどプラスして想定されるのが良いかもしれません。

また、走行距離も 10万キロに近いという事で、そろそろタイミングベルトの交換も・・・
(※ 平成25年5月現在、ekワゴン、ekスポーツのエンジンは全てタイミングベルト

平成25年6月6日追記】-----
同日以降にリリースされたニューモデル (3代目)からは、全ラインナップ 「タイミングチェーン方式」のエンジンへ変更されておりますので、参考までに。。。)

費用的には、依頼する整備工場、エンジンや部品交換の範囲によって異なりますが、最低限でも 3万円前後〜 の出費は必要と考えておきましょう。
(※ 4WD、及びターボ車は割高)

   以上、参考までに。。。

   



<<< 三菱車データに戻る

TOP へ戻る
Back to the TOP
Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved