自動車購入〜中古車売買などの購入支援、維持費やメンテナンスなどのカーライフ自動車情報&知識
業界20年。 車屋さんの自動車情報ポータルサイト。
 TOP > 車検 > 車検代ナビ > トヨタ車 > ハイエースバン


【 ハイエースバンの車検代・車検費用 】

 トヨタブランドの人気ワンボックス・バン(4ナンバー) 「ハイエース」。
100系、200系の車検代を予想、概算してみました。
※ 平成25年4月1日現在における情報をもとに編集しております

(※ 尚、以下の車検代概算内 「自動車重量税の額 (平均的なモデル基準)」は平成25年4月時点での概算であり、その後 (それ以降は)、エコカー減税対象車が増えるなどで・・・ 算出基準とする平均的モデル環境が変わり、以下参考・自動車重量税の適用・基準範囲が大幅に変わる可能性も御座いますので、適所視点を変えてのご参考を願います)

  新車から 2年後 (走行距離 2万キロ)に予想される車検費用・車検代

 自動車重量税 (車両総重量3.0t超〜4.0t以下) ※注1 10,000円
 自賠責保険 (平成 25年 4月改訂) ※注2 17,270円
 法定点検費用 (平均) 20.000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等) 25.000円
 予想車検費用 88,370円

(※ 法の特別措置などによる、減免・減税措置には対応しておりません)
※ 尚、自動車重量税の額は、平均的モデルにおける暫定値であり、その車両の型式や車両総重量、その他年式・仕様・グレード・装着オプション等によっては、上記表の額よりも安くなったり〜 高くなったりする場合もありますので、あくまで参考までに。
⇒ 自動車重量税を詳しく調べる
正確な重量税の額を調べるには、必ず車検証記載の情報をもとに!
(上記表モデル = エコカー減税対象車だった場合対象車って何???)))

(※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出)
(※ 自賠責保険は 12ヶ月で算出)
(※ 青枠内の金額は法定費用(絶対に必要となる最低限の費用)です)
(※ 4ナンバーのハイエースバンを基準に算出)

※注1 ・・・ ハイエースバンは、グレードや仕様が多彩なため、車両総重量が 3トンを超える車両と超えない車両が存在します。

※注2 ・・・ 1ナンバーのハイエースバンは普通貨物の扱いとなりますので、自賠責保険は 24,040円になります。

【交換が必要となりそうな消耗品等】
冷却水、ワイパーブレード、ブレーキフルード(ブレーキオイル)
エンジンオイル、オイルエレメント・・・
【別途、予備群として考えておきたい消耗品】
重量物の積載が多い場合 ・・・ ブレーキパット、タイヤ


新車から 2年後の初車検や、走行距離が2万キロ未満の自動車では、各消耗部品の消耗も少なく、車両の修繕費はオイル交換などの油脂類の消耗品交換が中心となるでしょう。

ちなみに・・・ ハイエースバンは、「バン」と言えども車両重量はかなり重い部類の車両なので、事業などで、かなり重い積載物を運搬されている車両等は、場合によっては、ブレーキパットやタイヤの交換が必要となるかもしれません。
(※ タイヤについては後述)

参考までに。

尚、4ナンバー、または 1ナンバーのハイエースバンは、新車から 2年後に初車検、以後、1年毎の毎年車検になります

  新車から 4〜5年後 (走行距離 5万キロ)に予想される車検費用・車検代

 自動車重量税 (車両総重量3.0t超〜4.0t以下) ※注1 16,400円
 自賠責保険 (平成 25年 4月改訂) ※注2 17,270円
 法定点検費用 (平均) 20.000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等) 50.000円
 予想車検費用 119,770円

(※ 法の特別措置などによる、減免・減税措置には対応しておりません)
※ 尚、自動車重量税の額は、平均的モデルにおける暫定値であり、その車両の型式や車両総重量、その他年式・仕様・グレード・装着オプション等によっては、上記表の額よりも安くなったり〜 高くなったりする場合もありますので、あくまで参考までに。
⇒ 自動車重量税を詳しく調べる
正確な重量税の額を調べるには、必ず車検証記載の情報をもとに!
(上記表モデル = エコカー減税対象車だった場合 【⇒ 対象車って何?】))

(※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出)
(※ 自賠責保険は 12ヶ月で算出)
(※ 青枠内の金額は法定費用(絶対に必要となる最低限の費用)です)
(※ 4ナンバーのハイエースバンを基準に算出)

※注1 ・・・ ハイエースバンは、グレードや仕様が多彩なため、車両総重量が 3トンを超える車両と超えない車両が存在します。 尚、平成22年夏期以降 (H22年式)からは、順次、エコカー減税対象車となるハイエースバンも増えているようですので、これらも各自、適所必要に応じ〜 税額を変更するなどしてご参考下さい。

※注2 ・・・ 1ナンバーのハイエースバンは普通貨物の扱いとなりますので、自賠責保険は 24,040円になります。

【交換が必要となりそうな消耗品等】
冷却水、ワイパーブレード、ブレーキフルード(ブレーキオイル)
ベルト類、エンジンオイル、オイルエレメント、ブレーキパット
バッテリー、エアクリーナー・・・
【別途、予備群として考えておきたい消耗品】
タイヤ


新車から約 4年経過し、3〜4回目の車検となる走行距離が 4万キロ前後の車両では、「バッテリー」や「ベルト類」・・・といった、多くの消耗部品交換が必要になってくるはず。

ちなみに・・・ タイヤ交換も視野に入れられるのであれば、純正サイズ(15インチ) 4本で、6〜7万円前後くらいが平均的な値段となるでしょう。
(※ 参考 ⇒ 「タイヤサイズの見方」)
(※ バン用のタイヤは、乗用車用のタイプより若干価格が高めです)
(※ 交換に必要な工賃、その他 廃タイヤ費用等は含まず)
(※ 上記表の修繕費には、タイヤの交換費用は含めておりません)

  新車から 8年以上 (走行距離 8万キロ超)に予想される車検費用・車検代

 自動車重量税 (車両総重量3.0t超〜4.0t以下) ※注1 16,400円
 自賠責保険 (平成 25年 4月改訂) ※注2 17,270円
 法定点検費用 (平均) 20.000円
 検査費用 (平均) 5,000円
 車検代行料 (平均) 10.000円
 印紙・証紙代 (認証指定工場にて車検を行う場合) 1,100円
 予想修繕費 (ベルト類・オイルなどの消耗品等) 50.000円
 予想車検費用 119,770円

(※ 法の特別措置などによる、減免・減税措置には対応しておりません)
※ 尚、自動車重量税の額は、平均的モデルにおける暫定値であり、その車両の型式や車両総重量、その他年式・仕様・グレード・装着オプション等によっては、上記表の額よりも安くなったり〜 高くなったりする場合もありますので、あくまで参考までに。
⇒ 自動車重量税を詳しく調べる
正確な重量税の額を調べるには、必ず車検証記載の情報をもとに!
(上記表モデル = エコカー減税対象車だった場合 【⇒ 対象車って何?】))
(↑ 新車登録から13年経過のクルマは、その経過年数に応じて自動車重量税の税額UP (エコカー減税対象車のみ))

(※ 一日当たり 約30km、年間走行距離 10,000kmの方を基準に算出)
(※ 自賠責保険は 12ヶ月で算出)
(※ 青枠内の金額は法定費用(絶対に必要となる最低限の費用)です)
(※ 4ナンバーのハイエースバンを基準に算出)

※注1 ・・・ ハイエースバンは、グレードや仕様が多彩なため、車両総重量が 3トンを超える車両と超えない車両が存在します。 尚、平成22年夏期以降 (H22年式)からは、順次、エコカー減税対象車となるハイエースバンも増えているようですので、これらも各自、適所必要に応じ〜 税額を変更するなどしてご参考下さい。

※注2 ・・・ 1ナンバーのハイエースバンは普通貨物の扱いとなりますので、自賠責保険は 24,040円になります。


新車から 8年経過し、車検も7度目。 走行距離も 8万キロを超えるようになると・・・、交換が必要となる消耗部品もかなり増えてくるでしょう。 ちなみに・・・ 今回必要な修繕費は、前回の車検でどのくらいの修繕費が掛かったのかで、修繕費は大きく変わるでしょう。

上記の見積りは、前回の車検である程度の修繕を行ったものとして算出しておりますが、前回の車検でほとんど部品交換を行わなかった場合には、今回の予想車検費用に5〜6万円ほどプラスして想定されるのが良いかもしれません。

また、走行距離が 10万キロが近いという事で、タイミングベルトを採用しているエンジンに限っては、そろそろタイミングベルトの交換も・・・
(※ 費用的には、依頼する整備工場、エンジンや部品交換の範囲によって異なりますが、最低限でも 5〜7万円前後〜 の出費は必要と考えておきましょう)

ちなみに・・・、
ちなみにタイミングベルトを採用しているグレードは、歴代ハイエースのグレードやエンジンがとても多彩なので、全て把握しきれていませんが、100系、200系のハイエース共に、 ディーゼルエンジンは基本的にタイミングベルトと思われていて良いでしょう。
(※ 平成25年4月現在の情報です)
(※ 逆に、ガソリンエンジンは 基本的にタイミングチェーンと考えられてもイイかと)

   以上、参考までに。。。

   



<<< トヨタ車データに戻る

TOP へ戻る
Back to the TOP
Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved