自動車購入〜中古車売買などの購入支援、維持費やメンテナンスなどのカーライフ自動車情報&知識
【 ページ目次 】

  ・所有権留保
  ・所有権解除手続き

  【番外編
 ・所有権解除の困った


 

 TOP > 所有権解除

所有権解除

 所有権解除とは・・・
一時的に所有する権利の差し控え(所有権留保)を、解除する事です。

 所有権留保になっていると・・・
自分の意思だけで自由に自動車を他人へ譲渡したり〜 売却する事が一切出来ません。
また、譲渡や売却をする為には、一定のお手続きを経て (承諾手続きなど)、所有者から必要な書類を準備するなどしなくてはいけません。

なんだか、いきなり 「え〜???・・・」という感じの説明ですが、
もう少し分かりやすく説明しますね〜 ^-^)ノ

 ※ 尚、この 「所有権解除」という行為・お手続きに関しましては〜

 1. 所有権者からの書類一式が揃った時点、もしくは揃える事を
 2. 書類を揃えて 所有者変更をして初めて

 ・・・ といった具合に、
その地方・地域、その業者さん等によって 若干意味合いが異なる場合もありますが、当サイトにおいては、先者の 「書類を揃えること」を所有権解除として〜 基本、解説させて頂いております。 予めご了承のほど願います m(_ _)m

【所有権留保とは】

 「留保」とは、一時的に差し控える・保留という意味で、
「所有権留保」とは、所有する権利を一時的に差し控えるという意味になります。

 通常、自動車を購入した人が所有者となるわけですが、
自動車購入の際に、販売店でクレジット契約をして購入した場合には、購入した自動車が担保となり、クレジットが完済するまでの期間 「所有権留保」という形での車検証名義となります。
※ 販売店、もしくはクレジット会社が所有者、自動車の購入者が使用者となる

 かなり簡単に説明してしまうと・・・、
車のローンが終わるまでは、所有する権利を「おあずけ」・・・といった感じです ^^

 「えェ〜? ローンを組んで自分で買ったのに、自分の所有物じゃないの〜?」
と、声が聞こえてきそうですが・・・、
その通りなんです ^^
ローンが終わるまでは、自分の所有物ではないのです。

所有権留保になると・・・?
使用するのには全く支障はありませんが、自分の所有物ではないので、所有者の許可無く転売したり、名義変更したりする事が出来ません

※ クレジット契約購入以外にも、例外で所有権留保となる場合もあります。
※ 銀行で借入された場合には、所有権留保の名義は適用されません。
※ 完済・・・返済の完了。
※ クレジット(自動車ローン)で購入しても、必ずしも所有権留保になるとは限りません (クレジットを取扱う販売店と、信販会社の個別契約による ⇒ その一例)。

【所有権留保の確認方法】

 (重要

 貴方の車が 「所有権留保」になっているかどうかは〜
自動車検査証(車検証)にて確認ができます。

 車検証の中央に、「所有者」の住所と名前、「使用者」の住所と名前が記載されているはずです。 そして、「所有者」の住所と名前が、自動車販売店(販売店主の場合も)、もしくは信販会社の名義になっていれば・・・ 「所有権留保」になっています。

所有権留保となっている車検証

 尚、これら車検証上の 「所有者」の欄が、自分自身の個人名義、その他 家族などの個人名義になっている場合には〜 これは 「所有権留保」とは言いません。


また、こういった所有権留保になっていないクルマに関しましては、そのクルマがいくらローン返済中だとしても〜 これからご説明させて頂く 「所有権解除」のお手続きは一切必要ありませんので・・・ 予めご留意のほどを




NEXT PAGE > 所有権解除の手続き方法

TOP へ戻る
Back to the TOP

所有権解除(所有権留保の解除)

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved