職人!?カーライフ.com
中古車情報、中古車購入アドバイス

TOP PAGE > 中古車購入ガイド > 国内主要中古車情報サイト >

カーセンサー

 大手情報提供企業 「リクルート社 (株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)」 が運営する、中古車情報誌 「カーセンサー」 で有名な中古車情報サイトです。(ていうより現在は、中古車雑誌よりもサイトの方が知名度高いかな)

 もちろんリクルートという看板があるだけに〜 グーネットと並ぶ国内2強サイトであることは間違いなく、昨今においては 車探しにはなくてはならない2大サイトのひとつとも言えるでしょう。

 中古車の情報だけでなく新古車(未使用車)の情報も沢山掲載されていますので、新古車(未使用車)の購入検討にもバッチリ!

 気になる中古車を見つけた場合には、お見積りや車両状態の詳細などのお問い合わせなどは 「カーセンサー」 が中継してくれるので、メールアドレスが直接販売店へ公開される事も無く、(見積りの依頼後でも希望するまでは販売店から直接連絡もありません ※) 簡単に安心してお問い合わせが出来るなど〜 またお見積りの依頼は電話番号や住所詳細を記入しなくても大丈夫なので 個人情報プライバシーの保護も万全。

 カーセンサーさんて、プライバシー保守に対する考え方は業界でも随一、また先進媒体。 ネットで中古車検索が出来るようになった当初からお見積りやお問合せフォームに工夫が見られ、ユーザーが直接販売店とコンタクトを望まない限りいきなりのっけからはユーザーと販売店とが直接接触出来ないように カーセンサーが上手く ”仲を取り持つ” 形をとっており、その辺りのシステムには安定した信頼と実績が。。

 しかも見積り依頼の入力情報が少なく簡単なのもベスト!

 ※ 見積りフォームで電話番号の入力をされた場合には、販売店へ通知されます。 もちろん直接連絡を希望する事も可能です。

 平成18年現在、ポータルサイトとして有名な「Yahoo!JAPAN」とも提携中。 (旧ヤフー自動車 現・カービューの中古車情報はカーセンサーが提供中)

 H29/2現在では、ヤフーはもちろんのこと、価格コム、車選び.com、オークネット.jp など多くの媒体とも提携しており、(いずれもカーセンサーの在庫情報を提供) ゆえWEB集客は半端ないと思われ、その半端ないパワーの恩恵に授かろうと在庫掲載したいと望む販売店はますます増加中! ⇒ なので2強のグーと同時掲載、またカーセンサーオンリーで掲載されているお店も多いと思われ、いずれにしても車を探すなら絶対必須のサイトであることには依然変わりないでしょう。 と。

 追記 ///
 昨今では車両個々の状態評価・鑑定を提供するための ”評価書” は、ネット在庫検索では当たり前の時代になりました。 ちなみにカーセンサーではこの評価書を ”カーセンサー認定” と称し、その評価は業界でもかなり厳格な精鋭ぞろいと言われる ”AIS” が担っており、(参考 ⇒ オークネット.jp) その辺りのクオリティも十分上特徴と言えるでしょう。

 但し、こういった評価書は販売店の掲載オプションです。 なので掲載在庫の全てが網羅されているわけではありません。


Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved