自動車購入〜中古車売買などの購入支援、維持費やメンテナンスなどのカーライフ自動車情報&知識
 TOP > 契約キャンセルと法律 > 手付金、内金、申込金の違い

【 手付金、内金、申込金の違い 】

 手付金や申込金、内金といった一部金・一時金の授受は、自動車購入の契約時に、買主側の購入の意思を示してもらう目的で授受される代金です。

 何故このような風習があるのかと言いますと・・・
購入契約の成立・不成立」編で説明させて頂いたように、契約書(注文書)の取り交しだけでは、その場で契約が成立しませんので、販売店側(売主側)が、キャンセル防止策として一部金を請求しているからなんですね〜 ^^)ノ

 「購入の意思表示」とは上手く言ったもので、自動車は金額的にも大きなお買物ですから、帰宅後、冷静になって考えてみると 「やっぱり・・・」 という事もありますし、「他店にもっと良い在庫があった・・・」という事も多々ありますので、イザ! という時のキャンセル防止 & 回避策として、手付金などの一部金を、契約時に回収しているのが現実なんです。

 しかし!

 契約時に支払う一部金は任意です。
支払いを求められたからと言って、絶対に支払わなければいけない物ではありません。 もちろん 支払う義務もありません。 支払いたくなければ、支払わなくても問題ありません。
(個人々のお財布事情もありますし・・・ (;^v^A)

 ・・・という事なので、
一部金を支払うかどうかは、契約の環境や契約時の状況によって判断しても良いでしょう。

 しかしまあ、このあたりの一部金の扱いについては、販売店や営業マン個人の営業方針にもよりますので、また場合によっては(この辺りは後述)。。。 柔軟な考えで対応しましょうね〜 ^^
(※ 販売店によっては、契約時の一時金や一部金の入金を必須としている場合もあります)

 え〜 そろそろ本題。

 契約時に支払う一部金は、「購入の意思表示」として支払う ・・・という事なんですが、
この一部金には、大きく分けて

手付金」、 「内金」、 「申込金

 の3種類が存在します。
領収書の但し書きに書かれる言葉で、どれも同じ意味のような金銭内訳なんですが・・・

 実はっ!

 それぞれの金銭内訳にはきちんとした意味があり、法的な効果も全く異なる言葉なんです

 この金銭内訳の種類によっては、契約が成立していなかったり、一部金が返金されたりされなかったり ・・・という具合で、取扱いも様々。 日本語って難しいですね〜 ^^

 で、その肝心な言葉の意味ですが・・・

【 手付金 】

 手付金とは・・・
主に、購入意思を表す目的で支払われる金銭内訳の事を言います。 よって、契約書(注文書)のやり取りが無くても、手付金の授受があれば契約は成立します。

 しかし!

 手付金は、最終的に車両代金の一部として取扱われるが、法的には 解約・撤回する権利を有する 「解約手付金」としての意味合いがあり、支払っている手付金を諦めさえすれば、買主の一方的な都合でも契約をキャンセルする事が出来るものとされています。
(※ 手付金がキャンセル料として扱われる)
※ 但し! その契約が既に他の要因にて ”成立” となっている場合には、これら一方的な都合にてのキャンセルはできないと思われます 【⇒ その契約が成立しているか否かの判断】。 これら手付金を諦めてのキャンセルが有効なのは、あくまで購入の意志を ”注文書” などにて表し、その注文が ”正式に契約成立 (例えば整備に着手するとか名義変更がなされるなど。いわゆる契約内容の履行の着手)” するまでの間のみの話だと考えられますので、これら勘違いのないように (一旦でも契約が完全成立してしまっては、売主の合意なきキャンセルは出来ません 【根拠:民法557条第1項より】))

 つまり・・・ 自動車購入の契約後、やっぱり気が変わってキャンセルしたい場合には、契約時に支払っている手付金を損金として諦める事により、解約の理由を問わず、買主は自由に契約をキャンセルする事が出来るのです ^^)ノ

 ちなみにこの場合、手付金の損金によって契約をキャンセルする事が出来るのは買主だけではありません。 売主である販売店も、契約締結時に支払われた手付金の特定倍数 (具体的には買主の支払っている額の2倍。 つまり買主の手付1倍分と売主キャンセル分の1倍分を合わせ2倍)の金銭を買主に支払えば、販売店も自由に契約をキャンセルする事が出来るんですね〜 ^^
(※ なおこの場合のキャンセルに関しましても、買主と同様、契約が完全なものとなるまでの間のみで適用される見解としてお考え下さい)

 まあこのようなケースはほとんど無いとは思いますが、ただ契約後、もっともっと高い値段で購入したい・・・ という他のお客様が現れて、販売店が利益を優先してキャンセルを申し出てきた・・・ というパターンも想定出来るので、可能性は絶対に否定出来ませんが。。。

【 内金 】

 内金 (うちきん)とは・・・
手付金と同じように、購入意思を表す目的で支払われる金銭内訳の事を言い、もちろん契約書(注文書)のやり取りが無くても、内金の授受があれば契約は成立します。

 但し! 内金は、手付金とは全く異なる意味を持っており、
具体的に言うならば〜 内金は、車両代金等の商品代金の一部としての金銭であって、その他それ以外の意味は一切持ちません。 よって内金は、手付金のような 「解約・撤回の権利」を全く持たない金銭であり、契約時に支払っている内金を諦めても、買主の一方的な都合だけでは契約をキャンセルする事が出来ないものとされています。
(※ つまり内金を支払った時点で、その自動車購入の代金の一部を払ったとして〜 買主が契約の履行の着手をしたとみなされる = つまり契約の完全成立、 と)

 なのでもし、以後どうしても契約をキャンセルしたい場合には、キャンセル料の支払い等で、売主の合意を得てキャンセルするのが大原則となるとお考え下さい。
(※ もちろん、キャンセル料に充当される事あっても 内金も返金されません)

 ちなみに・・・ これら内金の授受によって締結された契約は、何も買主だけでなく、売主である販売店も一方的にキャンセルする事が一切出来なくなる事にも留意。

 かなり希少な車で、相場を考えても絶対にあり得ない値段で、何がなんでも欲しい!手に入れたい中古車を発見 & 契約出来た時には・・・ もし万が一の事を考えて、販売店に勝手にキャンセルされないように率先して内金を支払い、「内金」の内訳で領収書を貰っておけば。。。

【 申込金 (預り金とも) 】

 申込金とは・・・
これも、購入意思を表す目的で支払われる金銭内訳なのですが、ただ申込金は 「契約の予約」という意味の金銭でありまして。。。

 つまりもちろん 「予約」では契約が成立しませんし、よってキャンセルするのも自由。 また、申し込みをキャンセルする事によって、支払っていた申込金も全額返金されるのが原則です。
※ 但しこの場合も ”手付金” と同様に、その予約 (購入意思)が正式、かつ完全な契約成立へと移行した以降は、売主の合意なき一方的なキャンセルは出来なくなりますので、これら予めご留意願います。 また勘違いされませんように

 申込金は、契約締結時に授受される金銭内訳としてはあまり一般的ではありませんが、入庫予定の先行予約を目的とした注文時等に、授受される事はあるかもしれません。
(※ なおその支払っていた申込金は、契約の履行の着手とともに車両代の一部として取り扱われる事になるでしょう)

 と、各金銭内訳については、おおよそこんな感じかと。

 なお一応これらは、身近な弁護士に相談した時の内容をもとに編集しておりますが、ただそれぞれの金銭内訳は個人によって見解が異なることもあるようですし、また実際の契約内容や状況等によっては、同じ金銭内訳でも全く異なる意味を持つ場合もあるようで (手付金と思っていたが実は申込金の意しかなかったとか)、、、 必ずしもこれらと同じ流れや条件等が適用されるとは限りません。

 予め御了承の上にて、以上これらご参照願います m(_ _)m
※ それと・・・ これらは自動車購入を前提としての見解等ですので、その他取引きや契約によるモノは、これら応用・参考されるなどのご参照はされませんように願います (その購入されるモノや取引き形態などによっては、これら見解等とは全く異なろう場合も考えられますので。。。))

手付金や内金の支払いについてのワンポイント
 「手付金」や 「内金」については・・・ 購入者に支払の義務があったり、金額の規制があるわけではありませんが、ただ契約する商品に対して確実な購入意思と購入権利を伝えるために、よほどの迷いや不安が無い限り 求められれば出来るだけお支払いされる事をオススメします。
(※ ちなみに〜 まだ契約に不安が残っているとかイマイチ納得が行っていない・・・ などという時は、その意思に確実性を持てないから手付などは打たない・打ちたくない。 というよりも、そこは手付など以前に、そもそも注文書 (契約書)から自体書かない心がけを。 またそういった勇気も。

一応いくらその注文書を書いた時点では契約は成立しないからと言っても、安易な記入はトラブルをも牽引する可能性が御座いますから。。。 (一応やはり注文書を書く事自体は、日常的なよくある行為ではありませんから。 まあ言うならば特別な行為かと))

 「手付金」や 「内金」という金銭は、確かに販売店や営業マンにとってはとても大きな安心であり保険でもありますが (キャンセルされる不安が軽減されるので)、しかしまた購入者にとっても ”守られるべき権利 (購入する権利等)” が発生する、契約当事者双方の安心と信頼を結ぶ重要な行為 (意思表示)とも言えますから。。。
(※ 契約は ”双方が合意のもと締結する法律行為” です。 なので契約が成立しない限りは、買主は自由に購入意思を取り消し出来る代わりに、売主もまた自由に売却意志を取り消す事が可能なこと〜 また一旦でも契約が成立してしまうと、買主は自由にその購入意思を撤回できなくなりますが、ただ売主も勝手にその売却意志は変更できなくなる〜 という事も、一応念のため忘れないで下さいね ^^)

  



<<< 契約キャンセルと法律

TOP へ戻る
Back to the TOP

新車・中古車など、自動車購入に関するキャンセルと法律知識

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved