職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ポータルサイト

TOP PAGE > 車検(自動車検査)

車検(自動車検査)

 広く ”車検” として知られるが、実は ”自動車検査” の略で、また後者が正しい表記になります。

 ※ 車検証も、正式には自動車検と言います。

 簡単に言えば、、

 検査員という国家資格保有者が、所定の検査施設にて 環境・安全性等の面から見て車両が 「道路運送車両の保安基準」に適合しているかどうかをチェックする事。(保安基準適合検査) またそのチェックする行為を言います。

 ※ もっと分かりやすく言えば、俗に言う ”整備不良” の箇所がないかどうかを検査すること。

よく車検と勘違いされるもの

 車屋さんへ車検に出すと、よく--

 「ベルトに亀裂が入っているので交換した方が良いですよ〜」 「ブレーキパットが残り○ミリなので、交換をオススメします」 「バッテリーが弱くなっているのでそろそろ・・」 等といった点検結果と整備箇所の指摘をされますが、これらは車検によるものではなく、あくまで別で同時作業する ”法定点検” によるもの。(法定24ヵ月点検整備等)

 一応補足としてまでに。。

 通常、ディーラーなどへ車検に出される場合にはあまり気にされなくていいですが、(知らなくとも問題はない)

 しかしユーザー車検、又はユーザー車検代行の類を実施される場合には、これら別々によく理解していないと予想だにしないトラブルや問題が発生することが多々御座いますので、もしお心当たり御座います方は〜 予め十分熟知されておかれますように願います。

 ※ トラブル例@: 意外と多い、中古車屋さんのユーザー車検代行

 ※ トラブル例A: ユーザー車検に対する誤認や危険性
 法定点検は、文字通り法で定められた定期点検制度です。 その中でも24ヵ月点検はちょうど車検時期と重なるので、車検に含まれているものと良く勘違いされるのですが、しかし厳密には車検とは全く異なるものです。 ご注意ください。(関連 ⇒ 定期点検の種類

 ※ なお、ディーラーなど一般的な工場へ車検に出した場合、指定整備工場や認証整備工場なら例外なく当該法定点検とセットで車検を行いますので、その辺り細かく考える必要はないでしょう。

種類

 実は車検にも何通りかの種類が御座います。

 通常、一般ユーザーが受けているものは 「継続検査」と言われるもの。 いわゆる車検の満了期間を延長するための自動車検査がこれにあたります。

 既にナンバープレートが返納されており、一時的に登録抹消されているクルマを再登録するため受けるものを 「新規検査」と言います。(新規でナンバープレートの交付を受ける際に受けるもの)

 それから登録抹消されているクルマを、直ぐに新規登録(再登録)せず、事前に受けておくものを 「予備検査」と言います。(⇒ 予備検査について詳しくは別途こちらにて

費用

 最低限必要とされる費用は 「自賠責保険」 + 「自動車重量税」 + 「検査手数料(1,000〜1,500円前後の印紙・証紙代)」 この3点セットの計。

 後は手直しや修繕に必要な費用や、

 そもそもディーラーや整備工場へ依頼された場合には別途 「車検代行料」、「24ヶ月法定点検・整備費用」、「検査費用」等といった追加料金も必要とお考えください。

 ちなみに、ここら辺りもっと細かく額面や具体的(予測)に知りたい方は、、

 別途こちらをどうぞご参考下さいませ m(_ _)m

予備知識

車検について

その他

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved