自動車購入〜中古車売買などの購入支援、維持費やメンテナンスなどのカーライフ自動車情報&知識
【 ページ目次 】

  ・所有権留保
  ・所有権解除手続き

  【番外編
 ・所有権解除の困った

 TOP > 所有権解除

所有権解除

【所有権解除の困った】

 所有権留保の解除手続き・・・ つまり 「所有権解除」において、よくある 「トラブル」・「困った」事例と解決策等を何点かご紹介しておきますので、参考までに ^^

< 所有者と連絡が取れない >

 これはかなり痛いトラブル。

 ローンも完済し、そろそろクルマを買い替えようと検討中に、
クルマ (現・愛車)を転売、その他 処分するには〜 所有権解除というお手続きが必要と知り、その所有者 (車検証上の所有者。 クルマ屋さん等)に連絡を取ろうとした その矢先に・・・

 その所有者と連絡が取れない!!!

 といったトラブル。

 自動車ローンを利用した際には、
そのローンによっては、車検証の所有者が車屋さん、その他 信販会社となる 「所有権留保」契約となっておりますが、

 その所有権留保となっているクルマは、
ローンを払い終えるなどで転売、その他 処分などしようとする時には〜 その車検証上の所有者に連絡を取り、許可を得て、その所有者から 「必要書類」を貰うなどしないと、
(↑ これを所有権解除と言います)

 そのクルマは転売どころか、処分する事すら出来ません。
(※ もちろん下取り売却も)

 なので・・・

 こういった 「所有者と連絡が取れない」といったケースでは、
それら所有権解除のお手続き以前の 非常に深刻なトラブルのひとつと言えるでしょう。

 ちなみに〜 こういったケースでも、
もし、その現愛車をクルマ屋さんで下取り、又は 専門店などで買取り売却・廃車処分・・・ といったパターンであれば、

 先方の業者さん (代替先や処分先など)が、全面的に、解決支援してくれるはずですが、
(※ お手続きが大変な場合は、有料代行の場合もありますが)

 それでも一部の業者さんや取引きパターン、その他 個人売買、一部の廃車処分などでは、こういったトラブルを自己解決しないといけないケースもあると思われますので、クルマ屋さんの私に考えられる これらトラブルの解決方法の例を挙げるならば・・・

1.ローン会社に連絡を取る
又は、購入元のクルマ屋さんに連絡を取る

 基本、こういったトラブルの多くは〜
その車検証上の所有者が 「クルマ屋さん」である場合が多いのですが、
例外的に 「信販会社 (ローン会社)」である場合も考えられますので、

 先ず一番最初にやるべき事は・・・

 所有者が信販会社であれば、そのクルマの購入元となる車屋さんへ、
所有者が車屋さんであれば、その所有権留保の要因となっている自動車ローンの、信販会社 (ローン会社)に連絡を取って頂きたく思います。
(※ ローン会社を忘れっちゃった場合には、引き落とし口座の通帳記入など見てみましょう)

 こういった所有権留保契約となる自動車ローンは、その車屋さんと その信販会社さんとが提携関係にある事がほとんどですから、その状況に応じ、提携先の業者さんへ連絡を取ってみると・・・

 ほとんどの場合、

 その車屋さん、又は信販会社が移転したのか、統合・合併・吸収・社名変更されたのか、その他 倒産したのか〜 等が分かり、また、基本的に〜 それら現状に応じた対応策を教えてくれると思われます。

※ 尚、その車屋さん等が倒産したのか? 統合や社名変更などしたのか? といった情報に限っては、最寄の車屋さん (同業者)に色々と質問してみれば、やはり同業者だけに、けっこう情報は得られると思います (ローン会社が分からない等の時は、こういった手順等での情報把握後、それらの状況に応じて 適所必要なお手続きとなるでしょう (これらについては後述)))


 対応策は分かったのですが、肝心の手続きがかなり面倒なんですが・・・

 A. 連絡先が信販会社となる場合では (車屋さんが所有者)、対応策のアドバイスまでが基本で、信販会社自体は、所有権解除の実務(関連する全ての手続き)までは代行してくれませんので、これら対応の行動の全ては、自身にて行動する事となるでしょう。

 ただ、これら簡単に 「対応策」・「お手続き」と言っても、
場合によっては、かなり面倒なお手続きも多く考えられますので〜
一番手っ取り早い方法は、最寄の行政書士等の専門家に相談される方が良いかもしれません。
(※ それなりに費用は掛かってはしまいますが・・・)
(※ 身近な車屋さんに・・・ という手も ないことはないですが、おそらく・・・ その車屋さんも、行政書士などの専門家へ外注する事となるでしょう)

 また、所有者が信販会社の場合だと、
購入元の車屋さんへ相談しなくとも〜 ネットなどで検索すれば・・・ そのあたりの情報などは比較的容易に入手出来るかと思われますが、
(※ 「○○○ (← 信販会社名) 所有権解除」で検索してみるとか)

 ただ、購入元の車屋さんへ直接連絡・相談する事によって、
やはり 「購入した」という手前もあり、それら必要な対応策に 積極的に対応してくれる場合なども考えられますので、
(※ まあ、その車屋さんや地域性などによっても これら対応は異なるとは思いますが)

 もし、既にネットで情報を入手済みだとしても、そのお手続きが面倒だと思われる場合には〜 先ずは、その購入元の車屋さんへ相談してみてはいかがでしょうか?

.法人であれば、その会社を所轄する法務局へ、その他・・・

 どうしてもローン会社 (信販会社)が分からない場合には・・・
その車屋さんの所在地を管轄する 「運輸支局」や 「軽自動車検査協会 (軽自動車のみ)」などの機関にて相談してみられ、


それら所在地を管轄する各地域の機関は〜
http://scrap.support-carlife.com/haisya-navi.html ← こちらをご活用下さい m(_ _)m  (私の運営管理する廃車情報サイトですが、各地域を管轄する機関は〜 これらと全く同じとなりますので、機関の検索にかなりお役立て頂けるかと・・・ ^^)

 それでも糸口がつかめない場合には〜
最寄の車屋さん等で質問、聞き込み調査し、それでもその車屋さんの行方がつかめない場合、また、ローン会社に連絡しても〜 解決の糸口がつかめない場合などにおきましては・・・

(※ 尚、所有者が信販会社の場合には、購入元の車屋さんへ相談、又はネットで情報検索などすれば、ほとんどの場合 対応策など 「解決」の糸口があろうかと思われますので、この方法を含む、以下の方法では〜 その連絡が取れない所有者は 「車屋さん」と、そう前提して解説しておりますので、これら予めご了承上ご閲覧頂きたく思います)

 そうですね・・・

 その購入元のクルマ屋さんが 「法人」の場合に限られますが、
そのクルマ屋さん (会社)を所轄する法務局へ行き、局事務所にてご相談されてみる・・・ という手も御座います。

 尚、もし! そのクルマ屋さんが倒産されていたなどで、かつ、倒産後の後処理がきちんとなされていれば〜 その所轄の法務局にて、基本、必要書類が全て揃うはずです。
(※ 厳密に言えば、清算人や破産管財人を通して必要書類を貰う)

 但し!

 そのクルマ屋さんが倒産していない、
もしくは、そのクルマ屋さんは倒産しているようだが、倒産後の後処理がきちんとされていない等の場合には・・・

 これら法務局にて必要書類は揃いませんので、
以後は、かなり面倒な事に・・・ (T△T)

3.行政書士へ相談・・・ という手も

 行政書士は〜 クルマの名義変更等に関する 書類手続きのエキスパートでもあります。

 なので、
その相談の進み具合によっては〜 そこそこ費用が掛かるかもしれませんが、
経験豊富な行政書士の方であれば・・・ かなり的確なアドバイスが貰える事も。

(※ 行政書士によっては、自動車関係の書類手続きを得意・不得意?としていたり、クルマ業界に精通している方もいらっしゃいますので、最寄のクルマ屋さんにて紹介してもらう・・・ という手が良いかもしれませんね ^^)

 尚、これら行政書士に・・・ という手は、
特に 最終手段というわけではありませんので、
各自、その都合や状況などに応じ、適所ご相談されてみるのもオススメ致します。

 また、各諸手続きに〜 自身がなかなか身動き取れないという場合でも、
有料代行してもらえるお手続きも多いですので、
これら必要に応じ、行政書士を活用するのもひとつの手でしょう。

 と、こんな感じでしょうか。

 尚、これら手段を用いても〜 解決の糸口が得られない場合におきましては、
「法」の専門家、弁護士にご相談の上での〜 以降の判断・解決となるでしょう。 また私自身も、これ以上のアドバイスはかなり困難でありますがゆえ、まあ残すところはこの方法しか・・・ というのも本音かと。

 以上、一参考程度までに m(_ _)m

< 所有権解除を拒否? 思いとどまされた >


 過去の紛争中の修理代の未払い金を根拠とされ、所有権解除を拒否されています。 ローンの支払いはもう既に終わっているのに、、、
 A. ローンの支払いが終わった、又は終わっているからと所有権解除を依頼したところ、その所有権留保の所有権者であるクルマ屋さんからは、「うちにはまだ未払いとなっている修理代があるから応じられない」と、そう一蹴されていまいました。

 しかしこの未払いの修理代は、その車屋さんとのトラブルにより発生している、、、 いわば ”いわれなき紛争中の一件” に関わるモノであるため、ソレ (所有権解除)を理由に強制的、かつ一方的な対応が取られてしまうのが納得いきません。 またそもそも所有権留保って、ローンの担保の意でそうなっているはずなのに、、、 ソレ (修理代を理由に拒否)って一体どうなの?

 という事ですが、

 なお〜 それらについての解決策などにつきましては、
⇒ 「所有権解除を拒否された!? これってどうなの?」編】 こちら ← ブログの方にて詳細触れておりますので、そちらをご参照願います m(_ _)m


 ローンも終わったので〜 買った先の車屋さんに車検証上の所有者変更 (所有権解除)を頼もうとしたところ、担当営業マンに 「そこまでしなくても良い (その必要はない)」、「しない方が得だ」といった具合に、こちらの相談に耳を貸してくれません。 これってどうなんですか?

 A. まあ・・・ その担当営業マンによっても、その車屋さんによっても意図が異なる場合がありますが、一般的には〜 その所有権解除のお手続きに多少の手間がかかる、又、印鑑証明書など、必要書類の準備に費用がかかる反面、所有権留保 (ディーラーなどが所有者)のままでも〜 その車の使用から・・・ その後の転売、廃車時などにおいても、一切面倒となる事がないばかりか、プラス、そういった転売時においても 意外と節約的 (印鑑証明が不要など)になる可能性もあり、

 そういった お客様の利点をアピールして、
所有権解除の必要はない・・・ と、そう提案されているものかと思われますが、

 ただ・・・

 こういったお客様の利点 (メリット)がある一方で、
あまり表向き? にはならない不利な点 (デメリット)も存在する事は間違いなく、
(※ 参考までに  所有権留保、考えられるデメリット等

 このような担当営業マンなどによる提案に対しては、
予め、考えられるデメリットも十分に熟知された上にて〜
ご検討される事をオススメ致します。

 ちなみに〜

 まあ・・・ このような出来事は、トラブルとまでは言わないかもしれませんが、
場合によっては、お客様が かなり困惑させられるケースも多いですので・・・
(※ 半ば強引ともいえるような説得営業をされる場合も)

 なのでもし! こういった対応に困惑されているのであれば〜

ローン完済であれば、ローン会社へご相談してみては?

 その所有権留保がローン契約に起因するものでしたら、
その信販会社 (ローン会社)とクルマ屋さんは「提携」関係にあるものと思われますので・・・

 そのローン会社 (その所有権留保の要因となっていたローンの取扱い信販会社)に〜
「もうローンも済んだのに、なかなか所有権解除に応じてもらえなくて困っている」 といった具合で、そういった旨を伝えられ、そのローン会社から、そのクルマ屋さんへ 何かしら働きかけてもらえるように試みます。

 ただ・・・ ローン会社とクルマ屋さんの関係も様々。
また、信販会社自身が所有者でない以上、他社の所有物の取扱いにまで 口出しできる可能性? も薄く〜

 実際には! 必ずしも解決? に至るとは限りませんが〜
まあ一応 ひとつの参考例までに。

 といった感じでしょうか ^^

 ちなみに〜 余談程度までではありますが、


 購入当時、現金一括にて買ったはずなのに・・・ふと車検証を見たところ、何故か 車検証の所有者が自動車販売店になっていました。こんなのってアリ? またどうすれば?

 と、こんなトラブル?も 稀に見かけるようですが、
(※ 参考までに  現金一括購入なのに所有者じゃない?

 そのクルマが現金購入だとしても、
そのクルマ屋さんや営業マン、契約条件などによっては〜
こういった所有権留保 (車検証の所有者が車屋さん)となっているケースもあり、

 こういったケース自体は全く珍しくなく、
また、法的に見ても全く問題ないので
私的にも、なんとも言い難いのが現実ではありますが・・・
(※ ただ、何の説明も断りも無く (所有権留保)〜 といった点は、クルマ屋さんの私的にも全く関心出来ませんが・・・ (そのクルマ屋さんに対して))

 ただ、

 いずれにしても〜 もう現金一括にて支払いも済ませられており、
また、こちらの都合上の理由含む 所有権留保 (契約当初、印鑑証明書の段取りが難しかった等)でなければ・・・

 所有権留保であるデメリットもある事ですし、
(※ 参考までに  所有権留保、考えられるデメリット等

 そういった所有権留保に不満や違和感を感じ、
必要性も感じられないならば〜

 気になった時点で、又は気が付いた時点で、
即座に 所有権解除 (所有者変更)されます事を〜
私は、強くオススメさせて頂きたく思っております。
(※ 尚、所有権解除の流れは〜 「ローン完済による所有者変更」と 基本同じだとお考え下さい)

 ちなみに・・・ 一応まあ こういったパターンにおいても、
ローン完済での所有権解除を拒否された!?」 のような感じで、
こちらの所有権解除の意に対して 「その必要はない」・「しない方がいい」・・・ 等といった、担当者から 逆に説得営業に回られ、かなり困惑させられてしまうケースもあるかもしれませんが、

 ただこのパターンにおいては、
自動車ローンが要因となる割賦販売における所有権留保とは全く異なりますので、信販会社のような感じで〜 はっきりと薦められる相談先も無いのが 正直なところでありまして・・・

 「こちらの所有権解除の意を強く押し通す」

 これ ↑ 以外の対応方法は無さそうかと。
(※ 全く解決方法になってなくてすみません・・・ (T-T))

 また以上、各ご参考までに。

  



TOP へ戻る
Back to the TOP

所有権解除の困った

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved