自動車購入〜中古車売買などの購入支援、維持費やメンテナンスなどのカーライフ自動車情報&知識
 TOP > ちょっと豆知識 > 車台番号(車体番号)


【 車台番号(車体番号) 】


   車台番号(車体番号)とは・・・
   その車両・車体個々に割り当てられた唯一無二の固有番号。
   自動車の戸籍・名前のような物で、同じ車台番号の自動車は絶対に存在しないですし、ナンバープレート
   のように番号が変わる事もありません

   新規登録する車の特定や継続検査(車検)にも絶対必要な番号ですので、車台番号の無い車は、登録し
   たり車検を受けたりする事も出来ません。
   ちなみに、車検証は自動車の住民票みたいな物です ^^

   ちなみに・・・

   この車両個々の固有番号については、正式には 「車台番号」と言うが、
   地方によっては、「車体番号」という言い方が一般的な地域もありますので、
   参考までに ^^
   (※ 以下、当ページにおいては、車体番号も車台番号に統一)




   「車台番号の場所

   車台番号は、自動車の骨格部分など、外的損傷(事故)によっても修理されにくい場所などへ一箇所のみ
   刻印されています。

   ほとんどの車種では、ボンネットを開けたエンジンルーム奥の「ダッシュパネル」と呼ばれる骨格部分に刻
   印されていますが、車種やボディタイプにより、刻印される場所も多種多用です。

   ※ 各骨格部分の名称については ⇒ 修復歴の条件 (中古車情報の検索プロガイド)

ダッシュパネル部分の車体番号
エンジンルームの奥「ダッシュパネル」部分のタイプ

クロカン系4WDなどの一部は「サイドメンバー」部分に

箱バンなどの一部はシート下のエンジンルーム付近に

   その他では・・・、
   運転席のシートの下や足元の「フロア」部分、1BOX系などは運転席シート横のタイヤアーチの真上部分
   にあったり、エンジンルーム内でも「車台番号」と書かれたカバー奥にあったりもします。

   特に外車(輸入車)については、「ピラー」部分や「エンドパネル」、シートを取り外したり下廻りへ潜り込むよ
   うな形で確認しないと見えない部分に刻印されているものも・・・。



   「車台番号の意味

   全部で10桁ほどの英数字の記号・番号のみですが、
   車台番号から、「車種」や「製造場所」などの車両情報が分かるようになっています。

   また、この車台番号によって、各製造メーカーからのリコール対策や部品の供給、ナンバーが偽造された
   盗難車の特定など、色々な場面で必要不可欠な番号でもあります ^^



   「シリアルナンバー

   シリアルナンバーというのは日本車には無く、アメリカ車特有のナンバーで、生産国や製造年式、ボディ形
   状といった車両情報が判別できるようになっています。
   (VINコードとも言います)

   ※ シリアルナンバーについて詳しくは ⇒ シリアルナンバー (輸入車・外車情報 WEB)



   「コーションプレート

   車台番号とよく間違えやすいのが「コーションプレート」と呼ばれる物です。
   確かに、車台番号も打刻・記載されていますが、容易に脱着が可能な為、自動車を特定する為には使用
   していません。

コーションプレート

   このコーションプレートは、車体のボディ色番号やグレード、車体型式やエンジン型式を調べたりする為に
   使う程度。

  



<<< ちょいと豆知識に戻る

TOP へ戻る
Back to the TOP

        

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved