自動車購入〜中古車売買などの購入支援、維持費やメンテナンスなどのカーライフ自動車情報&知識
 TOP > 自動車の税金 > 固定資産税


【 固定資産税 】


   「げ! 何だそれ!?」
   ・・・と思った方は、何も考えなくても大丈夫です ^^

   結論から先に言いますと、
   どんなに高額な車両でも、自動車、又は軽自動車には 「固定資産税」はかかりません。
   (※ 特殊車両は除く)

   ちなみに、「固定資産税(償却資産)」という言葉に反応された方や、気になって調べている方は・・・、
   おそらく事業を営まれている方だと思います。
   (これ以降は、事業用車両や事業用で愛車を使われている方向けのお話です ^^



   「自動車の固定資産税(償却資産)

   事業用車両や、事業兼家庭用として愛車を購入される方で、
   新車でも中古車でも10万円以上の車両を購入される場合には、購入された自動車を減価償却資産とし
   て扱い、規定の耐用年数で減価償却を行い、減価償却された価額分だけを必要経費として費用計上しな
   ければいけません。
   (※ 特例や一括償却資産は除く)

   ・・・と、ここまではご存知の方も多いはず。

   で、開業されて、減価償却についてある程度理解されている方が、
   次いで気になり始める事が・・・

   「固定資産税(償却資産)」

   何故なら・・・
   減価償却資産は 「固定資産税(償却資産)」の課税対象となり、毎年1月1日の時点でこれらの資産を保
   有される方は、その年の1月31日までに 「申告」しなければならない事になっているからです。
   (※ 課税の免税点は150万円未満ですが、課税されない価額の減価償却資産であっても、
      申告は必ず必要です))

   しかし!
   自動車税の対象となっている自動車(普通車)、軽自動車については、
   減価償却資産として扱っていても、固定資産税(償却資産)の対象とはなりません! \(^-^)ノ
   つまり 「非課税」なわけです。

   安心して下さい〜 ^^

   車両価額が150万円以上でも、新車でも、
   固定資産税の申告の必要はなく、課税される事もありません。

   ・・・というお話でした ^^



<<< 自動車の税金

TOP へ戻る
Back to the TOP

        

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved