職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

TOP PAGE > ブログ > 車検 >

車検見積りにあたって〜 見積り料など見積りの費用・手数料は?

はじめての車検。 今までお世話になっていた工場ではなく、新たに見つけた別の工場で。。 予約前に、どのくらいかかるのが事前に知っておきたい、、 等といった場合、

先ずは見積りを〜 と考えられる事も多いでしょう。(事前見積り)

というわけでところで、こういった見積りしてもらうには何かしら費用や手数料は必要なんでしょうか? 相場は?

基本的には必要ないでしょう

ぶっちゃけ、私もこの業界20年以上なんですが、

見積りに際して別途 ”見積り料” 等と言った費用を請求する例、もしくはお店は聞いたことないですね。。

ずいぶんと昔には時折聞かれていたことはありましたが、(私が業界へ入った当初)

しかし少なくとも、車検制度の緩和(自由化)後のこのご時世では、車検入庫を獲得するのにどの業者も血眼となっておりますので、

いちいちそんな事していたのでは入庫チャンスを逃すことに等しく、

ごく普通の考えられる範囲のものでは〜 その辺りの費用に心配するような事はないでしょう。

まあそれでももし心配であれば、費用が発生するかどうか聞いてからやってもらえば 心も落ち着くのではないでしょうか。

 5ナンバーや3ナンバー等といった一般的な乗用自動車には 貨物自動車のような最大積載量の記載義務とか設定する法律とかもないので、もちろんこういった乗車定員の区分もありません。 なのでここら辺り乗用車には無くて貨物車にはあるので〜(定員のカッコ書き) また商用車なんで荷物を載せるためなら使い勝手に合わせ自由に変更も出来るようになっている? と、そう一見勘違いされる方も多いかと思われますが、実はその数値の意味は上記見解のための数値であり、乗車定員を自由に変更してもいいという意味ではありません--- と。
 なお、どうしてもシートを取り外して使用したい〜 と言った場合には、構造変更検査という名の車検を受けることでそれを可能とすることは可能です。

 但し、その構造変更を実施するにあたって必要となる資料や知識、時間、手間、 それから通常の車検とは異なりますのでそれ相応の費用なども必要となるため、また整備工場によっては引き受けしてくれない場合もあり、まあどうしても〜 といった場合以外ではちょっと敷居は高いかな。 以上補足程度までに。(一応ユーザー車検で行う事も可能ですが)

但し

本番さながら分解点検してまでのお見積りとなれば〜

ちょっと話が変わってくることも。

 ちなみに、ごく一般的な車検見積もりでは、(事前見積り) 基本的にはボンネットオープン+外観からの目視チェックのみで、まあ突っ込んだところまでもし見たとしても リフトアップして下回りをチェックする-- といった程度まででそれ以上細かい部分までの点検はやらないでしょう。 だってそれ以上までやっちゃうと法定24ヵ月点検をやっているのと同等な作業量となってしまいますので、さすがにタダで受けるというわけにはいかないでしょう。。 また点検させるだけさせられてサイナラ〜 とかやられても困りますし ^^;

確かに、誰しもがより正確な見積りを求めたいとは思うかもしれませんが、

ただ業者側も慈善事業をやっているわけでもありませんので、

一定範囲を超えるような作業を求められる場合には、多少なりと見積り料を請求される事もあるでしょう。 

 ただこれもあくまで考えられる傾向というだけであって、業者さんによってはそこまで突っ込んでやってもらっても無料見積りとしてくれる場合もありますし、また見積り費用が発生したとしても〜 車検実施にまで至った場合には無料とするなど、、 色々とケースバイケースだということは一応予め。。
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

業界20年超のクルマ屋さんのブログです。 街外れの小さなお店の経営者、兼・営業、兼・サービスマン。

人気 /注目 /熱い記事(車検)
関連

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved