職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

TOP PAGE > ブログ > カー用品 >

エンジンオイル交換の真の目安は?裏や本音など

 最近のメンテナンスノートを見てみると (新車時の整備記録簿のようなノート)、オイル交換の目安が1万キロ毎・・・ となっている車種もちらほらあるようです。 かなり以前までは3,000〜5,000km毎のオイル交換が常識でしたが

 ところで1万キロも大丈夫なんでしょうか。

意外と問題なし

 メンテナンスノートに1万キロ毎と記載されており、指定のエンジンオイル以上のグレードを使う場合には、、、 私のようにちょっと自動車業界の長い人間には抵抗があるようですが、意外と大丈夫な様子なんですね〜 ^^ (自動車メーカーが適当に指定するわけがありませんし・・・)

 3,000〜5,000km毎のオイル交換・・・ と言われた時代は、そろそろ過去のものとなりそうです。

 しかし何故、ここ最近になって、各自動車メーカーでは1万キロ毎のオイル交換などを指定するようになったのでしょうか。

 その背景には、どうやらオイルの技術進化・・・ という面よりも、「環境 (エコ)」を配慮しての結論のようです。 エンジンオイルも石油製品。 オイル交換にも費用が必要ですし、さらに使い古しのエンジンオイルは廃油となって特定の処理が必要となりますし。。。

 ちなみに、3,000〜5,000km毎のオイル交換を実施する人は、どうやら日本人だけの様子。 環境問題にいちはやく気づき、取り組んでいるヨーロッパでは、3,000〜5,000km毎にオイル交換を実施する人は皆無のようですね。(参考までに・・・ BMWのオイル交換のメーカー指定は、2年、もしくは25,000km毎のどちらか早い方となっております (日本国内仕様で))

 まあそもそも日本では、オイル交換はいわゆる 「マーケティング戦略」のひとつとしても考えらている行為であり、(オイル交換のサイクルが短ければ、それだけお店に来店してもらえるサイクルが短くなり、、、 オイル交換ついでに他の商品を売りこんだり、また各種営業活動のチャンスにもなりますし)

 技術は超先進国の日本だが、環境に対してはまだまだ発展途上国の日本。 今の日本の技術をもってすれば、3万キロエンジンオイル交換不要のエンジンとオイル・・・ なんて、本当に簡単に作れてしまうかもしれません。 しかし、それを現実の物にしてしまわないのには、それでもまだ各メーカーは 「エコ」よりも「売上」を重視しているからかな? つまりオイル交換は早ければ早いほど良い・・・ といった事自体、正に日本の「商売魂」のカタマリかと、またそれゆえの風潮なのかな。

 ここ最近になって、随分と 「エコ」が盛り上がっている日本。 しかしまだまだそのエコの本質は他国と大きく異なりはしますが〜 (ヨーロッパ諸国では ”環境” 的なエコだが、日本はまだまだ ”経済” 的なエコが本音とも言えるでしょう)

 ただそろそろ、過去の常識は大きく変わるタイミングかもしれませんね ^^

但し、注意が必要な例も。。

 尚、これらオイル交換のタイミングについては、ごくまれに・・・ そのエンジン種別によっては、メーカー指定のタイミングがあまりオススメ出来ないケースもあるようで・・・(メーカー指定のサイクルでは遅すぎる。 もっと早め短めのサイクルでの交換が必要 とか)

 つまりこういったオイル交換など含む より適切なメンテナンスに関しては〜 サービス現場の方の生の声も取り入れた、(但し! サービスマンの個人的意見ではなく、あくまで 「実際の事例」をもとにした声)

 各自最適なメンテナンス・メニューを!

 とまあこんな感じで、以上、色々と各ご参考までに。

車屋さんの、自動車情報ネタブログ

業界20年超のクルマ屋さんのブログです。 街外れの小さなお店の経営者、兼・営業、兼・サービスマン。

関連

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved