職人!?カーライフ.com
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

TOP PAGE > ブログ > 車検 >

激安車検や格安車検ってどう?何か問題ある?大丈夫?

インターネット上だけでなく、日頃の新聞広告などでも数多く見かける低価格な車検。

ところでこういった車検って大丈夫なの?

基本的には何ら問題ないです

車検一式では、おおよそ保安基準の適合検査(自動車検査)と法定24か月点検整備(定期点検。2年点検とも)とで成り立っており、またこのどちらも法律できちんと定められているものですので〜

安い車検だからと言っても どの整備工場でもやる基本項目は全く同じです。

まず問題はありません。 ご安心ください。

 全く同じ商品でも、お店が違うと値段も大きく異なる家電製品と似たような感じとお考え頂ければ それで問題ないかと。 点検項目が減るから安いとか、何処かで手抜きされるから安いというわけでは御座いません。(ただまあこの辺りは事業者も様々ですので、全てが全て必ずしもとは限らないかもしれませんが。。)

但し、

一部 ”ユーザー車検代行業者” などでは、後者の法定24ヵ月点検を抜いて、自動車検査のみの実施、、 ということも御座いますので、(ブレーキパットの残量とかベルト類の損傷とかの点検などがない)

ここら辺りは一応ご注意されておいた方がよろしいかと。

それと ”指定整備工場”、もしくは ”認証整備工場” 以外で車検を受けられる場合には、法定点検はきちんと外注で ”認証整備工場” で行われるのかどうかの確認を。

法定24ヵ月点検はそもそも認証整備工場でしか出来ないこととなっておりますし、また国から設備や技術、それから人員の認定を受けてやっている工場ですから、その点検整備に際し一定上のクオリティも得られるということでもありますし。。

つまり強いて言っておくなら〜

自動車検査と法定点検。 この2つがしっかりと実施されるのであればまず心配には及ばないでしょう。

でも逆に、そこそこ古い車だと高くついてしまうことも。。

ところで安くても問題はない、、 と、そう結論付けてしまう前に、

しかし安いからこそ出てくる技術面以外での懸念点というものは御座いますので、

最後にここら辺りにも触れておこうかな。

ズバリ!

基本料金は安くても〜 追加作業は割高に設定されている可能性があるということ。(また割高でなくとも、作業工程の関係でどうしても割増しになってしまう事も)

特に同じ工場で、複数のコースメニューがあるうちで 格安コースなるものが存在する場合、そういった格安車検でこういった傾向が見られることもあるかな。。

もちろん初めから格安コース一本のみという場合でも、追加作業料金がやや割高なことも。

というわけで値段(基本料金)だけで飛付いてしまう前に!

自身の愛車はそこそこ修繕箇所も多く出てきそうかな? と言った場合には、

現車見積りをしてもらうなどして、(無料見積り) より詳細な条件提示を受けてからのご行動を。

 なお、これら傾向はあくまで一定範囲までの市場です。 もちろん整備工場も星の数ほど?点在しており〜 かつそれぞれの工場で方針も違いますので、そもそもレバレートや基本的なベース料金からして安く運営しているところも多く、激安だからどこか落とし穴がある? と、全てが全てそう思って ”構えて(決めつけて)” しまわないようにもご注意を ^^;
車屋さんの、自動車情報ネタブログ

業界20年超のクルマ屋さんのブログです。 街外れの小さなお店の経営者、兼・営業、兼・サービスマン。

人気 /注目 /熱い記事(車検)
関連

Copyright(c) 職人!? カーライフ.com All Rights Reserved